クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS オケゲムの世俗音楽全集

<<   作成日時 : 2006/07/28 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

最近、タワーレコードから国内盤が発売された「オケゲム 世俗音楽全集」(演奏=ロンドン中世アンサンブル)にはまっている。
これまでのぼくは、ルネサンス期のポリフォニー音楽というと、退屈な気がしていたし、また宗教音楽となればあまり気軽に聴けないという問題もあるので、ずっと敬遠していた。だが世俗音楽だと気軽に聴いていいわけだし、オケゲムの作品ではじめて美しい声唱とリコーダーなどの楽器とのアンサンブルの妙が楽しめることに気がついた。癒しの音楽としても良いし、BGMとして使用することもできる。ルネサンス期の音楽の楽しさをはじめて認識させられた。

ところで上の画像は、少し前になりますが、7月15〜17日に家族で京都・奈良に行ったときのものです。写真の奈良では、雨にたたられたました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リコーダー
リコーダーリコーダーはエアーリード(無簧)の木管楽器。日本語ではドイツ名のブロックフレーテと呼ばれることもある。同じエアーリードである現代のフルートが横笛であるのに対し、縦笛である。ソプラノ・リコーダー奏者が自らの口形によって吹き込む空気の束を調整をしなければならない横笛に対し、歌口の装置(ブロック... ...続きを見る
音楽を奏でる道具たち
2006/08/03 12:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オケゲムの世俗音楽全集 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる