クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS タカーチSQのベートーヴェン「弦楽四重奏曲第8番」

<<   作成日時 : 2007/05/21 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今日はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」作品59の2を聴いてみた。演奏はタカーチSQ、2001年7月の録音である。

ベートーヴェンのラズモフスキー四重奏曲3曲は、いずれも甲乙つけがたい名曲だと思うが、ぼくは強いていえばこの第2番を最も好んでいる。それはどうしてかと問われると、自分でもわからない。
ラズモフスキー四重奏曲3曲は、スケールの大きさ、革新性、緩徐楽章におけり情感の深さ等、いろいろな面で、作品18の古典的な弦楽四重奏曲から大きな一歩を踏み出した曲だが、その中ではこの第2番が最も特徴が少ないのではないだろうか。ぼくは加齢とともに、そういった革新性の乏しい穏やかな曲を好むようになってきたのだろう。それから、この曲の第4楽章は、弦楽四重奏曲第13番作品130の終楽章のために書かれたあの大フーガ作品133を先取りするような面がないだろうか。

タカーチSQは最近ぼくが気に入っている団体だ。ぼくは昨年6月23日、東京・銀座の王子ホールでこの団体の生演奏を聴いたことがある。その時には、この弦楽四重奏曲第8番がプログラムに組まれていた。たいへん素晴らしい演奏で、大いに感動させられたものだった。
コンサート終了後演奏家のサイン会があったので、ぼくも並んだのだけれど、カルテットのサイン会は初めてだったので4人のうちの誰にサインを頼めばよいのか分からず、第1ヴァイオリニストとヴィオリスト(ヴィオリストはこのCD録音時と異なり、女性に代わっていた)にサインしてもらったに止まった。ぼくの後ろに並んだ方が4人全員のサインを貰っているのを見て、ぼくもそうすればよかったと思った。

このCDでは早めのテンポで、流麗な演奏を聴かせている。アンサンブルの精緻さ、各奏者の均一性、表現の真摯さ、いずれも申し分ないものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アルトゥールさん、こんばんは! ベートーヴェンの弦楽四重奏曲となると決まってお邪魔いたします(笑) m(_ _)m
お薦めのタカーチ四重奏団によるベートーヴェン、実は後期だけでなく中期も同時に注文したのですが、とても気に入っています。鋭い厳しさと甘美な音の融合といったような趣です。
何と言ったら良いのか分からないのですが、個人的にハンガリー的なサウンドを好んでいるのだと思います。ハンガリー四重奏団によるベートーヴェンも好きです。
また、範囲を広げれば、かつてのシカゴ響、クリーヴランド管、フィラデルフィア管といったブダペスト出身の指揮者が鍛えあげたオーケストラも好きです(笑)。
凛虞
URL
2007/05/21 22:02
凛虞さん、コメント有難うございます。
タカーチSQを気に入って頂いて、大変嬉しいです!

私もハンガリー系の団体が好きです。ブダペストSQ
(実はロシアですが)、ハンガリーSQ、バルトーク
SQ、そしてタカーチSQと好きです。ブダペストと
タカーチなど、まるで違っているようで、どこか底に
共通するものを感じます。

オーケストラはクリーヴランドは好きです。フィラデ
ルフィアは肝心のオーマンディ時代があまり好きにな
れなかったのですが、最近エッシェンバッハが音楽監
督に就任したので今後に期待しています。

週末に、凛虞さんの記事にあったArte Novaのヘンシェ
ルSQのメンデルスゾーン全集買ったんですよ。未知
の曲なので期待しています。
アルトゥール
2007/05/22 20:43
アルトゥールさん、こんばんは! たびたびお邪魔いたしますm(_ _)m
フィラデルフィアではエッシェンバッハの退任が決定し、2008年9月からデュトワがチーフ・コンダクターとなるそうです。シカゴもフィラデルフィアも音楽監督をなかなか獲得できないようですね…。
メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲をお求めになられたのですね! ヘンシェル四重奏団はとても期待しているのですが(秋の来日公演もチケットを確保しました)、どうも私はメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲を苦手にしていまして…。来月は1曲だけ挑戦する予定でいます。
凛虞
URL
2007/05/23 20:49
凛虞さん、再度のコメント有難うございます。
エッシェンバッハのフィラデルフィア退任は知りません
でした。デュトワのフィラデルフィアはイメージが湧か
ないですね(笑)。シカゴはバレンボイム時代が意外と
良かったような気がします。ライナー時代の引き締まっ
た演奏は良いと思うんですが、ショルティ時代はちょっ
と…(笑)。

ヘンシェルSQはCDを買って初めて知ったのですが、
ハーゲン同様、兄弟でやっているのですね。秋の来日公
演のことは、私も、武蔵野文化会館から送られてきたD
Mを見て知りました。ただその頃は忙しそうなので、行
きたいのは山々ですが、見送ろうと思っています。
アルトゥール
2007/05/23 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タカーチSQのベートーヴェン「弦楽四重奏曲第8番」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる