クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS バルトークSQのブラームス「弦楽四重奏曲第3番」

<<   作成日時 : 2008/05/12 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日の東京は、昨日までの雨は上がりましたが、一日中曇り空で、また5月とは思えないくらい肌寒い1日でした。今日は息子(中1)が中学に入ってから初めての運動会の日でした(本当は昨日の予定でしたが、雨のため今日に順延されたのです)。ぼくは仕事で見に行けませんでしたが、見に行ってきた妻の報告によるとたいへんな盛り上がりだったそうです。

さて今日聴いたのは、ブラームスの弦楽四重奏曲第3番変ロ長調作品67です。演奏はバルトーク四重奏団です。1971年から1974年にかけてのHungarotonレーベルへの録音です((CD番号=HCD11591〜93)。
画像


弦楽四重奏曲は、ピアノトリオとともに室内楽の基本形態であるにもかかわらず、ブラームスの作曲した3曲の弦楽四重奏曲はたいへん地味な存在です。その理由として考えられるのは、第1に、ブラームスの室内楽曲にはピアノ五重奏曲やクラリネット五重奏曲、ヴァイオリン・ソナタやチェロ・ソナタなど、名曲・人気曲が目白押しで、弦楽四重奏曲はその中では地味な存在であること、第2に、3曲の弦楽四重奏曲の中身自体が渋すぎること、ではないでしょうか。

この渋い3曲の弦楽四重奏曲の中でいちばん聴きやすいと思われるのが、今日聴いた第3番です。
第1楽章は意外に活発で、聴いていて楽しい楽章です。
第2楽章は緩徐楽章ですが、しみじみとした旋律の美しい楽章です。情感があふれ、ベートーヴェンの初期・中期を思わせるものがあります。
第3楽章は、心の中の波立ちを表すかのような不安定な気分に覆われています。
第4楽章は、一転して晴朗な気分に変わります。
この第2楽章から第4楽章にかけての流れは、中々すぐれたものではないでしょうか。ぼくのような室内楽好きにとっては、半年か1年に1回は聴きたい曲なのです。

バルトークSQの演奏は、きびきびしたうえ、曲に対する愛情の感じられるもので、すぐれた演奏だと思います。ぼくはこの曲の演奏は、バルトークSQ盤のほか、ブダペストSQ盤とボロディンSQ盤も持っていますが、ブダペストSQ盤は残念ながら音質が良くないので、ふだんはバルトークSQかボロディンSQで楽しんでいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アルトゥールさま お早うございます

いつも良い演奏を教えてくださり、本当にありがとうございます。
ブラームスの弦楽の室内楽 苦手です
最後まで聴けません、暗くて、爆〜
CDは持っているんですが、いつも途中で他のものに変えてしまいます。
いつの日にか、心に響くときもあるかもしれませんが〜。
聴いている演奏が悪いのかもしれませんが〜。

息子さんの運動会 行けなくて残念でしたね
父親は普通は行けないのかもしれませんね
うちの父親も来たことはないように思います。
これからは、家庭のことでしっかりと仕事を休める社会になると良いのですが〜。世の中、そういう方向に動いていませんよね、残念です。

ミ(`w´)彡 
rudolf2006
URL
2008/05/13 05:51
rudolf2006さま
コメントを有難うございます。
誰にでも苦手な音楽があるものですね。私はマーラーが
大の苦手です。音楽鑑賞は趣味でやっているわけですか
ら、苦手な音楽は無理に聴かなくてもよいのではないで
しょうか。

息子の運動会は、予定通り日曜日に行われていれば見に
行けたのですが、日曜に雨が降ってしまい順延されてし
まいました。息子の小学校時代には毎年行くことができ
たのですが…。息子も中学生となったので、無理して行
かなくてもよいのかなと思っています。
アルトゥール
2008/05/13 19:04
おはようございます。
ブラームスの室内楽というと弦楽五重奏曲や六重奏曲は
結構聴くのですが四重奏曲は聴いたことがありません。
昔、石丸で外盤キズ物大バーゲンでアルバン・ベルクのセットを購入したのですが
一度も聴かずに処分してしまい、以来縁がありません(^^ゞ

アルトゥール様はマーラーが大に苦手と知りました
私も苦手です。お仲間がいて安心しました(笑
Lacroix
2008/05/14 10:16
Lacroixさま
コメントを頂き有難うございます。

私は、ブラームスの弦だけの室内楽の中では、弦楽五重奏
が人徳が高くて心優しい老人の語りかけを聴いているよう
で好きなのですが、弦楽四重奏曲はあまり聴きません。
弦楽四重奏は曲自体が落ちるのかもしれないと思います。
アルバン・ベルクSQ盤も聴いたことはありません。

こちらこそLacroixさまがマーラーが苦手と聞いて仲間が
増えて安心しました。趣味で聴いているわけですから、
苦手なものは素通りでかまわないのだろうと思います。
アルトゥール
2008/05/14 20:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バルトークSQのブラームス「弦楽四重奏曲第3番」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる