クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS グリュミオー/ハスキルのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ集」

<<   作成日時 : 2008/05/16 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今日はたいへん天気の良い1日でした。アルテュール・グリュミオー(vn)とクララ・ハスキル(p)の演奏するモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ4曲を聴きました。第25番K301、第28番K304、第32番K376、第34番K378の4
曲です。録音は1958年10月10日〜17日です。ブログ仲間のNさんがご自分のブログで書いておられましたが、今日のような春の天気の良い日に、ピュアで美しいモーツァルトのヴァイオリン・ソナタはよく似合うようです。
画像


まず曲ですが、25番K301と28番K304は、モーツァルトが22歳の年に作曲した第25番K301から第29番K305までの5曲の連作のヴァイオリン・ソナタの一部をなすものです。ともに2楽章構成ですが、これがともに中々の名曲ではないでしょうか。みずみずしい25番、悲痛な28番と性格は対照的ですが…。なお今日聴いたCDの中には含まれていませんが、連作の残りの26、27、29番も、25番・28番に劣らない名曲だと思います。

第32番K376は3楽章構成で、急・緩・急のメリハリがはっきりした曲です。2楽章の静かな美しさは絶品です。
第34番K378は、今日聴いた4曲の中の白眉ではないでしょうか。やはり急・緩・急の3楽章ですが、全曲を通じて純粋で、自然で、美しい旋律に満ち満ちています。まるで美しい花の咲く野原を行くようです。

グリュミオーとハスキルの演奏は、昔から評論家筋で名盤として有名なもので、ぼくがクラシックを聴き始めた1970年代にすでに名盤としての評価を確立していました。しかし今日聴いてみて疑問を持ちました。グリュミオーが持ち前の美音で流麗に弾いていますが、のびのびと演奏しすぎのように思うのです。もっと抑制した演奏の方が好ましいように思います。またハスキルのピアノも、録音当時37歳と若かったグリュミオーの能力を存分に発揮させようという意図からかもしれませんが、淡々と弾きすぎのように思います。

ぼくは今日聴いた4曲は、グリュミオー/ハスキルの他に、DENONのズスケ/オルベルツ盤も持っています。そして両者を比較すると、グリュミオー盤ではなく、落ち着いた堅実な演奏を聞かせるズスケ盤に軍配を上げたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
昔、むかし、40年位前になるでしょうか?
土曜日の午後のNHKFMで3時間枠のクラッシクのリクェスト番組がありました。
その番組に私が始めてリクェストして取り上げられたのがK304のソナタでした。
いや〜自分の名前が読まれた時は興奮したものでしたよ。
なぜこの曲をリクェストしたかというと少し前のFM番組で
初来日したM.Jピリスと塩川悠子のデュオで同じ曲を初めて聴いて
いたく感動したからです。
そのエアチェックした塩川悠子の演奏とリクェストで放送されたシゲッティのLP
この二つは今でも大事に保管しています。

そんなこともあってかモーツァルトのヴァイオリンソナタは大好きです。
ヒロ・クロサキ、シェリング、グリュミオー(大好きなクリーンとの協演のCD)、この3点を曲に応じて聴いています。


Lacroix
2008/05/16 21:24
Lacroixさま
早速コメントを頂き有難うございます!
FM放送のクラシック番組、私も学生時代に聞いていました。
リクエストしたこともあります。懐かしいです。
Lacroixさまがリクエストされた時代は、ピリスの初来日の
頃ですから、私が聞いていた頃(80年代前半)より多分
10年以上前ですね!
モーツァルトのヴァイオリン・ソナタは名曲揃いだと思い
ます。私も大好きです。
Lacroixさまがお持ちの3種類は、私は残念ながらどれも
持っていませんが、古楽器のヒロ・クロサキは特に聞いて
みたいです。

アルトゥール
2008/05/16 21:45
 アルトゥールさん、おはようございます。ご無沙汰致しております。グリュミオー、読ませて頂きました。グリュミオーのモーツァルト バイオリンソナタは持っていないのですが・・・偶然ですね、一昨日の夜は、グリュミオーのベートーヴェン ヴァイオリンコンチェルトを聴きながら眠りに就きました。グリュミーオーのモーツァルトと言えば・・・思い出があるのです。私が高校1年の時、2才下の弟が級友からモーツァルトのコンチェルト3,4番の視聴盤を貰ってきました。余りの旋律の美しさに魅了されてしまい殆ど毎日のように聴いたものです。その盤も・・・当時、不良だった私は、お金に困り質屋さんに入れて流してしまいました。レコード盤が質屋さんに入った時代のほろ苦い思い出です。
 因みに私が今手許にあるモーツァルトのヴァイオリンソナタはパールマンとゴールドベルグです。これから聴いてみようと思います。アルトゥールさんの記事に刺激を受けて・・・突然コメント、失礼致しました。
my
2008/05/17 09:39
myさん、お久しぶりです!!
コメントを頂きたいへん有難うございます。

myさんにとってグリュミオーは思い出のヴァイオリニスト
なのですね。本文でグリュミオーの悪口を書いてしまい、
ファンの方やグリュミオー自身に申し訳のないことをした
と思っています。
グリュミオーのモーツァルトは、ソナタ、協奏曲ともに定
評があります。私の耳がおかしいのかもしれません。
協奏曲3番、4番の旋律は本当に美しいですね。私も3番
の冒頭の旋律を初めて聴いた時はすっかり魅了されました。

Myさんお持ちのソナタのパールマン盤、ゴールドベルク盤
いずれも評判が良いと思います。きってピュアで美しく、
音楽以外の余計なものの一切ないすばらしい音楽を聴かせ
てくれるだろうと思います。
アルトゥール
2008/05/17 14:01
 こんにちは。
 今日もいい天気ですね。アルトゥールさんがお書きになっていたように、梅雨前の今ぐらいが、一番いい季節かもしれませんね。
 と、いうわけで、Vnソナタですが、今年は、この前のアルトゥールさんの記事に触発されて、ベートーヴェンを聴いてみようかな、と思ってます。7番、8番、楽しみです。

 ハスキルとグリュミオーのモーツァルトはわたしも持ってますが、わたしの再生機のせいか、ピアノが、淡いベールに包まれたように聞こえます。
 そこがまた、いいといえばいいのですが。
Nora
2008/05/22 14:46
Noraさん、コメント有難うございます。
今日(23日)もまた良い天気ですね。
この間の日曜日、杉並区の神田川沿いを散歩したら、とても
気持ち良かったです。
ハスキルのピアノは好き嫌い分かれるでしょうね。私は
コンチェルトの方は好きなのですが…。
ベートーヴェンの作品30の3曲は、「スプリング」「
クロイツェル」の陰に隠れ、過小評価されていると思います。
初期ベートーヴェンらしい佳曲だと思います。
アルトゥール
2008/05/23 06:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
グリュミオー/ハスキルのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ集」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる