クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS マイスキーのメンデルスゾーン「チェロ・ソナタ第2番」

<<   作成日時 : 2008/11/30 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

今日11月30日は、暦上、秋の最後の日ということになりますが、昨日に続いて晴れ渡った日となりました。
今日はメンデルスゾーンの「チェロ・ソナタ第2番 作品58」を聴きました。演奏はミッシャ・マイスキー(チェロ)とセルジオ・ティエンポ(ピアノ)です。2002年2月の録音です。

メンデルスゾーンがチェロとピアノのために作曲した作品は、協奏的変奏曲作品17、チェロ・ソナタ第1番作品45、同第2番作品58の3曲で、すべてマイスキーとティエンポのメンデルスゾーン作品集の中に収録されています。
この3曲の中では、最後のチェロ・ソナタ2番が最も魅力に溢れているのではないでしょうか。

この曲は3楽章ではなく、急・急・緩・急の4楽章構成という大きな構成を取っています。
第1楽章は、明るくスケールが大きく開始されます。あの交響曲第4番「イタリア」を思わせるものがあります。初期ロマン派らしい情熱のたぎる楽章です。
第2楽章は、典型的なスケルツォ楽章です。
第3楽章は、アダージョです。ピアノがアルペジオで奏されます。チェロ・ソナタというより、チェロの伴奏付きピアノ・ソロのようです。またメンデルスゾーン自身のピアノによる無言歌を思わせるものがあります。
第4楽章は一転して高揚します。チェロとピアノが火花を散らしてクライマックスへと向かいます。

メンデルスゾーンの室内楽というと、ピアノ・トリオ第1番が有名で、次は弦楽八重奏曲かと思いますが、このチェロ・ソナタもなかなかの名曲ではないでしょうか。
少し話が脱線しますが、メンデルスゾーンの室内楽というと地味な存在ですが、意外に名曲・佳曲が多いように思います。6曲かそれ以上ある弦楽四重奏曲なども好例です。もっともぼくがメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲の魅力に気付いたのは、昨年凛虞さんに薦められて購入したArte Novaのヘンツェル四重奏団の演奏によってのことでした。昨年初めて気付いたことなので、偉そうなことは言えませんが…。

ぼくはマイスキーとティエンポによるこの曲の実演を聴いたことがあります。2002年10月9日、東京のサントリーホールでのことでした。
シューベルトの「アルペジオーネ・ソナタ」とメンデルスゾーンのこの曲を中心にしたプログラムで、最後の曲がメンデルスゾーンだったのですが、マイスキーがたいへんな力演で、弓をちぎらせながら演奏を終えたことを覚えています。アンコールもマイスキーは乗りに乗って5曲(?)も披露し、演奏終了後のサイン会も長蛇の列でした。
ぼくもサイン会に参加しましたが、メンデルスゾーンの作品集は買った後だったので、彼の小品集にサインしてもらいました。

マイスキーはこのCD不況の中、DGから毎年着実に新譜を出していますし、また毎年来日してくれていますから、ファンにとってはたいへん頼もしく、ありがたい存在だと思うのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[Deutsche Grammophon] メンデルスゾーン: チェロ・ソナタ第1・2番、他 マイス...
フェリックス・メンデルスゾーン(Felix Mendelssohn, 1809-1847)は、ドイツで有名な銀行家の家庭に生まれました。メンデルスゾーン家では、4歳年上のファニーはメンデルスゾーンに劣らぬピアノと作曲の名人になり、メンデルスゾーンより2歳年下のレベッカは歌手として活躍しました。レベッカの一歳年下のパウルは、メンデルスゾーン家の銀行業を継ぎましたが、アマチュアのチェリストとしても玄人はだしの腕前で知られていました。そんな弟のために、メンデルスゾーンは協奏的変奏曲(1829年作)とチ... ...続きを見る
被験者Aの鼻の右穴のハナゲと左穴のハナゲ...
2011/09/26 02:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アルトゥールさん、御無沙汰しております。
たまたま訪れたブログでアルトゥールさんのお名前を発見し、長い間の失礼のお詫びかたがたお邪魔させて戴きました。
マイスキーのチェロ、いいですね〜。
チェロ・ソナタと聞いて思い浮かべるのはベートーヴェンの作品です。
残念ながら、メンデルスゾ−ンのチェロ・ソナタは聴いた記憶がありませんが、「イタリア」を思わせる曲、それもマイスキーの演奏と伺って、聴いてみたくなりました。「イタリア」は「スコットランド」と並んで、10代後半、よく聴いた懐かしい曲です。そしてマイスキーは、本文にもあります「アルペジオーネ・ソナタ」を聴いて涙して以来のファンです。そのマイスキーを生で聴かれたとは、なんとうらやましいお話でしょう!
それも「アルペジオーネ」を!!
aosta
URL
2008/12/01 11:47
aostaさま
たいへんご無沙汰しております。
コメントを頂いて嬉しいです。

ベートーヴェンのチェロ・ソナタは私も大好きです。
特に3番が好きです、カザルスの演奏を若い頃から
よく聴いています。
メンデルスゾーンのチェロ・ソナタは、最近まであ
まり脚光を浴びることはなかったと思います。マイ
スキー盤は、チェロ・ソナタ2番のほか、1番や、
メンデルスゾーンの無言歌をマイスキー自身がチェ
ロ用に編曲した作品も入っており、お買い得だと
思います。
マイスキーのアルペジオーネ・ソナタ、良いです
ね〜。彼のロマンティックな演奏スタイルが曲と
よくマッチしていると思います。

アルトゥール
2008/12/01 18:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マイスキーのメンデルスゾーン「チェロ・ソナタ第2番」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる