クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS パールマンのブルッフ「ヴァイオリン協奏曲第1番」

<<   作成日時 : 2009/06/01 21:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日5月31日は、息子(中2)の在籍しているA校の囲碁部が、中学・高校とも全国大会の東京予選の日でした。
高校チームは1勝2敗で残念ながら全国大会出場を逃しましたが、中学チームは4戦全勝で東京予選を突破したのです。これで中学チームは8月に行われる全国大会に出場権を得たことになります。息子は帰宅してたいへん喜んでいました。親のぼくもホッとしたのです。

そして今日6月1日は、一時的に雨が降ったもののが、昨日までの雨続きから解放されたといえる1日でした。
毎年のように思うのですが、GW頃から梅雨入りの6月10日頃までの1ヶ月間が、日本の少なくとも東京では1年でいちばん良い季節なのではないでしょうか。気温的にそれほど暑くなく、外に目をやると新緑が映える春から夏にかけての季節は、本当に理想的な季節のように思います。

今日は、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番を鑑賞しました。演奏はイツァーク・パールマン(vn)、ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団です。パールマンは同曲を複数回録音していると思いますが、このハイティンクとの共演は1983年6月のものです。

ブルッフといえば、このヴァイオリン協奏曲第1番とスコットランド幻想曲(通称「スコッチ・ファンタジー」)が最も有名な作品ではないでしょうか。
ヴァイオリン協奏曲第1番は、甘美なメロディと独奏ヴァイオリンの名ーでたいへん聴き応えのある曲です。チャイコフスキーのヴァオリン協奏曲と似たところがあるかもしれません。ヴァイオリンという楽器の持つ甘美な音色を楽しむのにぴったりの曲です。

パールマンといえば、ぼくがクラシックを聴き始めた1970年代後半はヴァイオリン界の王者といえる存在でした。当時シェリングやスターンはまだ現役でしたが、彼らは50歳を超えてベテランというイメージが強く、彼らより20歳以上若く、輝かしい音色を持ったパールマンこそが、ヴァイオリン界の王者だと見られていたのです。
そこへ80年頃からギドン・クレーメルが頭角を現し、80年代前半はパールマンとクレーメルがヴァイオリン界の両横綱と見られるようになりました。
そしてその後は、クレーメルが90年代から現在に至るまで名声を保持しているのに反比例して、パールマンの名声は衰えていきました。現在ではパールマンはまだ現役のはずですが、その名声をきくことはほとんどありません。
評論家の文章を読むと、パールマンは楽天的すぎて深さとか厳しさが足りないなどと書かれています。

たしかにパールマンにはそのような面はあるのかもしれません。実際、本CD(国内盤でTOCE−3335)にカップリングされているメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を聴いていると、明るいばかりで一本調子のように聴こえ、疑問に思えてきます。

しかしこのブルッフの協奏曲のようなメロディの美しさ、ヴァイオリンのヴィルトゥロジーを生かした曲ではパールマンの長所が生きるのではないでしょうか。完璧なテクニック、全曲を通じての明るく美しい音色、特に第2楽章での朗々とした歌いまわし、どれをとってもブルッフの協奏曲の真価を明らかにする名演だと思います。

以下は少し脱線します。パールマンの特質はブルッフだけでなく、パガニーニが典型ですが、ヴァイオリンの名技性を強調した曲でよく生きると思います。
また彼の残した録音を一括りにして論じるのは適切ではなく、80年頃かそれ以前のアシュケナージとの一連の共演や、ジュリーニとのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲などはかなりの名演だったと思います。これらの名演が忘れ去られようとしているのなら、それは残念なことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
東京予選突破おめでとうございます!
実は、結果が気になり、31日午後から何度もBlogをのぞいていました。
高校は惜しかったですね。。。
中高一貫校は中学が強いとそのまま高校に強さが引き継がれていく良さ
がありますよね。
全国大会、がんばってください!応援しています!!!
ShuShuママ
2009/06/02 09:57
ShuShuママさん
御祝辞を頂き、有り難うございます。
ブログの更新が遅くなり、申し訳ありませんでした。

高校チームは昨年の全国大会に出た時のメンバーが
全員、今春卒業してしまい、戦力ダウンしたのが
痛かったようでした。
中学チームは全国大会に出場することになりましたが、
全国大会はサッカーのW杯のように予選プールを勝ち
抜いた学校が決勝トーナメントに進出するという方式
で行われます。
そのためくじ運も大切なようです。
昨年は、東京予選を首位通過した学校が予選プールで
敗退する一方、東京予選は4位だった学校が決勝トー
ナメントに進出し3位に入賞するという出来事がありました。
ShuShuママさんの応援に応えられるよう頑張ってほしい
ものです。
アルトゥール
2009/06/02 18:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パールマンのブルッフ「ヴァイオリン協奏曲第1番」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる