クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS オークレールのメンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」

<<   作成日時 : 2009/06/28 14:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

画像
今日の東京は午前中が曇りで、午後から雨が降るという梅雨らしい1日でした。
この1週間、村上春樹『1Q84』に夢中になり音楽自体をあまり聴いていなかったのですが、同書を読み終わったので、今日はメンデルソゾーンの「ヴァイオリン協奏曲ホ短調」を聴いてみました。演奏は、ミシェル・オークレール(vn)とロベルト・ワーグナー指揮インスブルック交響楽団です。1963年2月の録音です。

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は3大ヴァイオリン協奏曲(ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームス)の中の1つで、曲の趣からいって、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が王様だとすれば、女王にたとえられるべき存在です。そしてぼく自身は、王様・ベートーヴェンよりも、女王・メンデルスゾーンの方が好みなのです。

ところでメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲というと、曲想からいって女流ヴァイオリニストが演奏するのがふさわしいというイメージがあるのではないのでしょうか。ところがぼくは、同曲の演奏は8種類持っているのですが、その中で女流は今日聴いたオークレールだけなのです。LP時代にムター/カラヤンを持っていたのですが…。しかし唯一の女流、オークレール盤はたいへん気に入っているのです。

オークレールは、女性といってもロマンティックだったり情熱的な演奏をするわけではありません。終始ゆっくり目で、端正で清楚な演奏です。女性らしく心細やかな、隅々まで神経の行き届いた、繊細で丹念な演奏をします。第3楽章さえあまりダイナミックでない、落ち着いた印象を受けます。
この曲に情熱とかダイナミズムを求める向きには不満が残るかもしれませんが、ぼく個人としては好きな演奏です。
ぼくはこの曲の演奏を8種類持っていると上に書きました。その中では、スターン/オーマンディとミルシテイン/アバドが双璧だと思っていますが、このオークレール盤は個性的な珍重したい1枚であるのです。

なおバックのワーグナー指揮インスブルック響は、腰の軽い表現をするなど見るべき(聴くべき)ところはありません。あくまでオークレールの端正な演奏を楽しむ1枚だと思います。


追記 本曲については、過去にミルシテイン/アバド盤の記事を書いたことがありました。本ブログの慣例どおり、その時の記事を自己TBします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミルシテインのメンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」
今日はメンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲ホ短調」を聴いてみた。演奏はナタン・ミルシテイン(vn)とクラウディオ・アバド指揮ウィーン・フイルハーモニー管弦楽団、1972年の録音である。 ...続きを見る
クラシック音楽のある毎日
2009/06/28 15:05
タンゴ 奇跡のデュオ
アマゾンに出品中です!! クラシック音楽 ▼画像をクリックするとアマゾンに▼ ...続きを見る
楽天オークション出品中
2009/07/20 12:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アルトゥールさま こんばんは

こちらも蒸し蒸しした一日でした。
梅雨ですよね〜。

オークレールさんの演奏、私も好きです。シュベルトのヴァイオリン曲集を聴いて、良いなと思って、チャイコフスキーとメンデルスゾーンのCDも購入しました。
味わいのある演奏ですよね〜。
あの味わいはどこから出てくるのでしょうか?不思議です。テクニークが抜群であるわけではないと思います(もちろん下手ということでもないのですが〜)。音楽の演奏、もちろん技術面も基本として大事なのですが、それだけではないような気もします。

へそ曲がりのところがあって、滅多にベストセラーは読まないのですが、村上さんの新刊、ちょっと興味はあります。

いつも応援、ありがとうございます。
ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2009/06/28 19:57
rudolf2006さま
おはようございます。
コメントを頂き、有り難うございます。
オークレールのシュベルトは私も持っています。愛聴しています。
端正で繊細で、心がこもっていますよね〜
テクニークも大事だけれどハートも大事だという好例ではないでしょうか。

村上さんの新刊は売れているだけのことはありますよ〜。
アルトゥール
2009/06/29 06:15
こんにちは。

チャイコフスキーの協奏曲を最初に聴いたのはオークレールの演奏、17センチ盤でした。
弾きまくるタイプではありませんが、気品があって心の奥にそっと訴えてくるようなところがが好きです。 メンデルスゾーン、最近とんとご無沙汰です。
天ぬき
URL
2009/06/30 13:37
天ぬきさん
ご無沙汰しております。
コメントを頂き、有り難うございます。

私は若い頃は、バリバリ弾くヴァイオリニストが好きだったことも
ありますが、年を取るにつれて、オークレールのような端正で気品
のある演奏が好きになりました。
バックのオーケストラがもう少しよければ、と思ったりもしますが、
オークレールのメン・チャイやブラームスは貴重な1枚です。
アルトゥール
2009/07/01 19:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オークレールのメンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる