クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS バルトーク四重奏団のベートーヴェン「弦楽四重奏曲第8番『ラズモフスキー第2番』」

<<   作成日時 : 2009/08/16 14:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 5

昨日8月15日は終戦記念日でした。
遅れましたが、第2次世界大戦の犠牲となった300万人を超える多くの方々の御冥福をお祈り申し上げます。今を生きる我々は、これからの将来に向けて、戦争が少しでもなくなっていくよう努力を続けていくこと、これこそが犠牲になった方々に対する責任というべきでしょう。

さて過日、チェコのヴラフ四重奏団の演奏するベートーヴェンの弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」を聴いて、その叙情的で繊細な演奏に感銘を受けました。
今日は同じ東欧のハンガリーのバルトーク四重奏団の演奏する、弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」です。Hungarotonレーベルから出ているものです。

ぼくは3曲のラズモフスキー弦楽四重奏曲のどれがいちばん好きかと聞かれると、全く甲乙つけがたいとしか答えようがありません。しかし、これまで聞いた回数という点では、この「ラズモフスキー第2番」がいちばんではないかと思います。
第1楽章は、ラズモフスキー第1番の第1楽章がスケール雄大なのに対して、内向的で非常に充実しています。ぼくはこの第1楽章がたいへん好きでいます。
第2楽章は緩徐楽章ですが、厳粛で、美しい歌が流れています。
第3楽章は、ベートーヴェンが曲の依頼者であるラズモフスキー伯爵の要請に応じてロシア民謡を取り入れたとされるスケルツォ楽章ですが、リズミカルで、流れるように流暢です。
第4楽章は、非常に活気にあふれていますが、ここでもロシア風な旋律が取り入れられています。
それに止まらず、この楽章は前衛的なところがあるように思います。ぼくが変なのかもしれませんが、ベートーヴェン後期の弦楽四重奏曲第13番の終楽章として構想された大フーガ作品133を思い起こさせる面があるのではないでしょうか。ベートーヴェン中期としては珍しく、未来に向かって開かれているように思うのです。

このように、この弦楽四重奏曲第8番は、その内向性のゆえに、前後の第7番、第9番と比べ地味な面がなくはないですが、たいへん充実した傑作なのではないでしょうか。

バルトークSQの演奏は、早めのテンポで、リズミカルな個所も多々見受けられます。息の目の詰まった、一部の隙もない、たいへん充実した演奏です。
ヴラフSQの弦楽四重奏曲第7番を聴いた時、まるでドヴォルザークを聴いているような叙情性を感じましたが、バルトークSQの弦楽四重奏曲第8番はヴラフSQと正反対に、バルトークを聴いているような気持ちになります。
ぼくはバルトークSQのベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集を持っています。この全集はそれ自体たいへんすぐれたものですが、今日聴いた第8番はその中でも特に出来が良いように思います。


追記 明日8月17日から22日まで、家族で海外旅行に出かけます。行くのはインドネシアのバリ島です。その間頂いたコメントにつきましては、22日以降にならないとレスができないことになります。御了承の程、お願い申し上げます(8月16日)。


再追記 本曲に関しては過去にタカーチSQによる演奏の記事を書いたことがありました。その時の記事を自己TBします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
タカーチSQのベートーヴェン「弦楽四重奏曲第8番」
今日はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」作品59の2を聴いてみた。演奏はタカーチSQ、2001年7月の録音である。 ...続きを見る
クラシック音楽のある毎日
2009/09/08 09:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
アルトゥールさま こんにちは

敗戦後、64年経っていますね。私は「平和ボケ」結構なことだと思っています。己の「正義」のための戦争を少なくともしていないこと、これはうれしいことではないでしょうか? それを私たちは守っていかなければいけないのではないか、と考えています。

私も中期の作品では、2番のラズモフスキーが好きです。中期では一番よく聴くものではないかと思います。中期の作品は力こぶが入った作品が多いですが、この曲は、何とも言えない軽やかさがあるようにも思えます。これが、後期の曲を思い起こさせるものではないかな、と思ったりもします。
ハンガリー四重奏団の演奏はまだ聴いたことがありません。
ズスケ・カルテットの演奏を聴いております。

ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2009/08/16 15:27
アルトゥールさま

ハンガリー四重奏団では、バルトーク四重奏団だったですね m(_ _)m
rudolf2006
URL
2009/08/16 15:32
rudolf2006さま
コメントを頂き、有難うございます。
私は9条堅持の立場です。日本は平和の尊さを、世界に向けてもっと積極的に
発信していかなければならないと思います。

ラズモフスキー2番についてご賛同頂き有難うございます。
私も、後期の曲を思わせるものがあるように思います。
またズスケSQの演奏は私も大好きで、かれこれ20年も聴いてきました。

ステレオ期のベートーヴェンは、ズスケSQが一番だと思いますが、
他にハンガリー、バルトーク、リンゼイといったあたりもよく聴いて
います。
アルトゥール
2009/08/16 17:07
こんばんは。明日からご旅行ですか。お気をつけて行ってらっしゃいませ。
楽しい旅行記を期待していますね。
イチロン
2009/08/16 21:44
イチロンさん
昨日、バリ島から無事に帰ってきました。
バリ島は東京と違って湿度が低く、過ごしやすかったです。
イチロンさんは今、沖縄旅行の最中なんですね〜。
アルトゥール
2009/08/23 10:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バルトーク四重奏団のベートーヴェン「弦楽四重奏曲第8番『ラズモフスキー第2番』」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる