クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS ブレンデルのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第29番『ハンマークラヴィーア』」

<<   作成日時 : 2009/12/12 21:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

今日の東京は冬晴れの暖かな1日でした。
今日はベートーヴェンのピアノ・ソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」を鑑賞しました。
演奏はアルフレッド・ブレンデルです。1995年2月3日のウィーン・ムジークフェライン・ザールでのライブ録音です。
本録音はブレンデルの3度目のベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集の中の1曲です。

この「ハンマークラヴィーア」というニックネームを持つソナタ29番は、今日聴いたブレンデル盤で演奏時間が約43分に達し、ベートーヴェンの全32曲の中で突出して長大ですが、内容もまた、広大で深遠なのではないでしょうか。

第1楽章の冒頭からして、突出したスケールの大きな楽想です。これまでベートーヴェンが書いてきた28曲のピアノ・ソナタとはまりで別次元にあるかのような、スケールの大きい、前衛的で未来志向の楽章です。
第2楽章はわずか2分40秒のスケルツォですが、そのように切り捨ててしまうことのできない前衛性が感じられます。
第3楽章は緩徐楽章です。17分46秒という、曲の中で最も長い、叙情的な楽章です。ここで奏されているのは、作曲者ベートーヴェンの深い内心の吐露というというより(そのような面もあると思いますが)、楽章自体が一つの小宇宙、ミクロコスモスを形成しているかのように感じられます。

第4楽章は何と形容したらよいのでしょうか。ぼくは長い間、この楽章が理解できずにいました。今でも理解したと言う自信はまるでありません。ただ自分なりの理解のようなものが徐々に芽生えてきたというだけのことです。
非常に未来志向で、当時がら何百年先の未来までも見据えた楽章なのではないでしょうか。
このような楽章は、ベートーヴェンの生前はもちろん、没後も19世紀の間には書かれることはなかったはずです。20世紀に入ってからの現代音楽の中に、やっと、これに比肩する音楽が現れたのではないでしょうか。
音楽によって語ることのできる最大限のことが語られているのが、この楽章ではないでしょうか。

ブレンデルの演奏はライブならでの生き生きとした流麗な演奏です。それだけでなく、緩徐楽章での多彩な感情表現には驚かされます。第4楽章での感興に乗った演奏もすばらしいと思います。

本録音は、ブレンデルの3回目のベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集の中でも特にすぐれた演奏だと思います。ブレンデルのすべての録音の中でも、自分が聴いた中では、屈指の演奏のように思えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 アルトゥールさん、今晩は。お久しぶりです。退院して2週間ちょっと、やっと2日位前から、床を離れることができました。ところでベートーヴェンの 「 ハンマークラヴィーア 」、私のは アシュケナージ ですが、明らかに アルトゥールさん のブレンデルの方がいいですね。それから バックハウス のピアノも評判は高いです。第1楽章のアレグロと、最終楽章のフーガが好きです。このピアノ・ソナタもあと2,3枚欲しくなってしまいました。
 今年も後もう少しですね。アルトゥールさんも、お忙しい師走をお過ごしのことと思います。来年の大相撲、初場所と、大学対抗ラクビーが今から楽しみです。どうかお元気に毎日をお過ごし下さい。又、共通の話題を楽しみにしております。それでは失礼致します。
my
2009/12/21 17:05
 追伸
 ご子息の囲碁の腕前、又、グンと上がったことでしょう。将来が楽しみですね。囲碁を取るべきか・・・大学を取るべきか・・・、今、アルトゥールさんご夫妻は、ハムレット の心境といったところでしょうか。
my
2009/12/21 17:10
myさん、御無沙汰しております。
コメントを頂き、有難うございます。
myさんが最近ブログの記事を書いておられないのは存じて
おりましたが、入院されていたことは知りませんでした。
御退院おめでとうございます。
今後とも、何卒お身体にお気を付け下さいませ。

ベートーヴェンのハンマークラヴィーア、私はアシュケナ
ージ盤は聴いたことがないのですが、少なくともブレンデ
ルは良いと思います。バックハウス盤も王者の風格を漂わ
せた名演だったと思います。この曲は、それ以外にルドル
フ・ゼルキンが良かったと思います。

来年の正月は、今年実母が永眠し服喪中のため、寂しい正月
になりそうです。息子は中2となり、もう親の言うことは聞
かない年頃となりました。早いものです。まだ中2なので大
学受験のことを考えるのは早いかと思い、放ってあります。
アルトゥール
2009/12/22 17:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブレンデルのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第29番『ハンマークラヴィーア』」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる