クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS エッシェンバッハのメンデルスゾーン「無言歌集(1)」

<<   作成日時 : 2011/05/16 18:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 11

今日の東京は晴天で穏やかな陽気の1日でした。先週は雨の日が多かったのですが、先週末あたりからよい天気が続いています。

今日はクリストフ・エッシェンバッハ(p)の演奏するメンデルスゾーン「無言歌集」を聴きました。1975年3、4月、DGへの録音です。
エッシェンバッハはDGのメンデルスゾーンの「無言歌」48曲の全曲を録音しており、2枚のCDの収録されていますが、今日聴いたのはその1枚目、前半の24曲です。

日本語盤(現在は廃盤のもよう)のライナーノート(清水紀子)によると、メンデルスゾーンの作曲した48曲の「無言歌」
6曲ずつ8つのグループに分けられています。作品19、30、38、53、62、67.85、102です。
また、意外な話ですが、今日48曲のすべてに標題が付けられていますが、その中でメンデルスゾーン自身が標題をつけたのは5曲に止まっており、残りの43曲は作曲者以外の人がつけたものだということです。

今日ぼくが聴いたのは、作品19、30、38、53に属する計24曲です。
親しみやすく、耳にすることの多い曲が含まれていたと思います。

メンデルスゾーンの「無言歌」は、「無言歌」の名称どおり、どの曲も言葉のない「歌」であり、美しく魅力的な旋律に溢れています。野原に美しく咲いている花のようなものです。
BGMとして聴いていると、つい聞き惚れてしまうこともあります。
今日のような春のうららかな陽気の日に聴くのにたいへんふさわしい作品集だと思います。

エッシェンバッハの演奏は大変すばらしいものです。
彼は1940年生まれなので録音当時35歳だったということになりますが、若く、瑞々しく、しなやかな感性で、情感を豊かにこめて各曲を弾いていきます。曲によっては、意外なほどゆっくりテンポだったりします。
ぼくはエッシャンバッハのピアニストとしての録音は、このメンデルスゾーンの無言歌全曲と、モーツァルトのピアノ・ソナタ全曲しか聴いたことがありません。しかしどちらも瑞々しい感性で弾かれたすばらしい演奏だと思います。
エッシェンバッハがピアニストとしての活動を止めて指揮者に転じてしまったのは、残念なことです。


追記 メンデルスゾーン「無言歌」については、過去にギーゼキング盤の記事を書いたことがあるので、その時の記事を自己TBします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ギーゼキングのメンデルスゾーン「無言歌集」
ワルター・ギーゼキングの演奏するメンデルスゾーンの「無言歌」17曲を聴いてみた。メンデルスゾーンの「無言歌」は全部で50曲以上に上ると記憶しているが、ギーゼキングはその中から17曲を選んで演奏している。これらの演奏は、1998年に東芝EMIから発売された「ワルター・ギーゼキングの芸術」という6枚組の国内盤に収録されているものである。録音は1956年9月である。ギーゼキングは1956年の10月に急逝しているから、亡くなる直前の録音ということになる。 ...続きを見る
クラシック音楽のある毎日
2011/05/16 18:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
エッシェンバッハの録音は、ベートーヴェンの後期ピアノ・ソナタ集を聴きましたが、切れ味の鋭い個性的な解釈をする人だと思います。
といっても、アファナシエフのような奇抜なものではなくて、感性の鋭さや新鮮さを感じます。
無言歌集は自分で弾いた曲は多いのですが、録音でちゃんと聞いたことがないので、エッシェンバッハで聴いてみようかなと思います。

ところで、ブッフビンダーがお好きだったように記憶しているのですが、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集の新録音が来月リリースされますね。
最初録音した全集は廃盤で、これが二度目の録音になるそうです。
ソナタ全集は10種類くらい持っているので、レーゼルのライブ録音の全集以外は、あまり追加して欲しいと思わないのですが、このブッフヒンダーの最新録音には興味があります。

そういえば、レーゼルの今年10月のベートーヴェン・リサイタルは、キャンセルされずに無事開催されるようですね。
残念ながら私は遠方で行けないのですが、ライブ録音のCDのリリースを楽しみに待ってます。



yoshimi
2011/05/17 11:57
思い出したのですが、エッシェンバッハなら、ショパンの前奏曲が有名です。
試聴したことがありますが、これは陰翳が濃く深く沈潜していき、心の深淵をのぞいてしまったような異様さを感じます。元々ショパンの前奏曲が苦手な私は、ちょっと恐くて全部聴けませんでしたが。
yoshimi
2011/05/17 12:13
yoshimiさん
こんにちは。
コメントを頂き、有難うございます。
エッシェンバッハは指揮者専門になってからが長く、ピアニスト時代
の録音はあまり残っていないと思います。
仰るとおり感性が鋭く、新鮮で、瑞々しい演奏をする人だと思います。
ベートーヴェンの後期ソナタは曲自体が好きなので、ぜひ聴いてみたいです。

ブッフビンダーの新全集のニュースは、先日HMVのサイトで知りました。
ブッフビンダーは5年以上前、ベートーヴェンのソナタの実演を聴いて
良かった印象があります。堂々とした本格的な演奏だったと思います。
彼は、ドイツ・オーストリア系のピアニストでは第一人者なのではない
でしょうか。
私はベートーヴェンのソナタ全集はシュナーベル、ナット、バックハウス新、
ケンプ新旧、グルダ新、アラウ新、ブレンデル3回目と8種類持っている
のですが、もう1種類くらいあってもよいのかもしれません。

また今秋のレーゼルの来日ですが、最終日のチケットを取りました。
会場で昨年聞いた日のCDを購入しサインをもらおうかと思っています。
たいへん楽しみなことです。
アルトゥール
2011/05/17 18:59
こんにちは。首都圏は猛暑と節電で暑くて大変ですね。
こちら大阪は、節電目標や方法論で、知事・市長・関電の方針がまとまらず、迷走中。大阪の方がブラックアウトする可能性が高いのではないかと思えてきました。

ブッフビンダーのピアノ・ソナタ集がリリースされましたね。
なぜかHMVでは限定盤完売のため、検索しても見当たりません。amazonでは今も販売しているんですけど。

この全集の試聴ファイルはHMVやamazon(国内外)でも見つからなくて、あちこち探したところ、下記のサイトに全曲分ありました。
購入を検討される場合に、ご参考にどうぞ。
http://www.sonymusic.de/Rudolf-Buchbinder/Beethoven-The-Sonata-Legacy/P/2513776

自然な音質のライブ録音で聴きやすいですが、レーゼルのライブ録音の方がしっとりした木質感があって残響が綺麗に聴こえる気がします。
ワルトシュタイン、テンペストなど、私には判断がつきやすい曲をいくつか聴きましたが、曲によってはテンポが揺れることが多い気がします。
結局、レーゼルのライブ録音を全て揃えてから、こちらを買うかどうか、考えることにしました。
yoshimi
2011/07/13 21:39
yoshimiさん
コメントを頂き、有難うございました。またレスが遅れ申し訳ありません。
ソニーのサイトを教えていただきました。
また、確かにブッフビンダーの新全集は
ネットではamazonでしか入手できないみたいですね。

私はブッフビンダーとレーゼルの両者を生で聞いたわけですが、
個人的には、どちらかというとレーゼルの方を好ましく感じました。
ついでにウィーンの若手フェルナーのベートーヴェンを生で聞いた
こともありますが、レーゼル、ブッフビンダー、フェルナーの順で
しょうか。

しかしレーゼルを全集で揃えると、お金がかかりますね。
いずれBOX化されるかと思いますが、何年先のことやら分かりません。
自分は全集はブッフビンダーで妥協し、レーゼルは特に好きな曲が入っている
盤のみを買うという作戦も考えています。


アルトゥール
2011/07/17 05:29
こんにちは。
レーゼルとブッフビンダー、それにフェルナーも実演で聴かれたなんて、やっぱり東京はコンサートが充実してますね。
そういえば、フェルナーと同門のポール・ルイスのベートーヴェン全集録音は評判がとても良いです。シューベルトが得意な人なので、音が美しくニュアンスも豊かですし、音楽の作り方が丁寧で自然です。
最近の若手の録音のなかでは一番良いように思いましたので、そのうち買うかもしれません。

レーゼルは国内盤なので、分売盤で揃えるとほんとにコストがバカになりませんね。
ちなみに、レーゼルの全集のうち、Vol.3〜6の4枚は、DMM.comでレンタルできます。
http://www.dmm.com/search/=/category=rental/searchstr=wI2RhcOKxNk_/analyze=V1EBCFYBUAU_/
1ヶ月だけ月額レンタルの無料体験入会できますから、ネットレンタルするのがご面倒でなければ、利用されてみるのも良いのではないかと思います。
体験入会だけして、規定どおり期間内に解約すれば、利用料金はかかりませんし。
私的利用ならCDコピーは法的に問題なかったはずなので、BOX全集が出るまでは、とりあえず4枚はそれで持っておくと、購入をご予定のCDと合わせて、全集のうちかなりの曲が揃うと思います。
yoshimi
2011/07/17 11:41
yoshimiさん
再度のコメントを頂き、ありがとうございます。
またDMMのレンタルの情報を頂き、ありがとうございます。

東京では、ここ5年くらい、ゲルハルト・オピッツ、ティル・フェルナー、
それにレーゼルがベートーヴェンの全曲演奏会をやっていた/進行中なんで
すよ。私はオピッツを2回、フェルナーを1回、レーゼルを1回行きました
(いずれもその時の感想を本ブログの記事にしています)。
ポール・ルイスは、名前を聞いたことがあります。今年何回も来日して
シューベルトのリサイタルを開いたと聞いています。私は行っていませんが。
ルイスの名前も頭の中に銘記しておいた方がよさそうですね。
アルトゥール
2011/07/20 21:14
こんにちは。レーゼルのベートーヴェン録音シリーズですが、今ちょうど、amazonで随分安くなっている盤があります。
やっぱり国内盤は高いので売れなくて、期間限定で在庫処分?しているのかもしれませんね。ご参考まで。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=%83x%81%5B%83g%81%5B%83%94%83F%83%93%82%CC%90%5E%89e&x=0&y=0

yoshimi
2011/09/22 08:44
yoshimiさん
レスが遅くなり、たいへん申し訳ありませんでした。
またレーゼルのCDの情報有り難うごさいます。
確かに3000円のものが2000円台前半で入手できますね。
ただし今では1枚2000円台前半でも高い感があり、
迷うところです。
10月12日のレーゼルのコンサートでは、1枚買って
サインをしてもらうつもりでいます。
アルトゥール
2011/09/28 19:14
こんにちは。
今の価格はかなり高くなってますね。
私が見たときは、amazon直売で1300円や1800円のCDがありましたので、お知らせしました。
あまりに安いので、すぐに売れてしまったんでしょう。
今の価格なら、サインをもらうCDをリサイタル当日に1枚買っておいて、全集出るのを待たれた方が良さそうですね。
でも全集盤は一体いつ出るのでしょう?早く出して欲しいです。

秋といえば、もうすぐレーゼルのリサイタルですね!
10月12日は、最初と最後のソナタ2曲づつというプログラムがとっても良いですね。2番はともかく、ほかの曲はとても好きな曲ばかりです。
サイン入りCDは、実演を聴きに行かないと手に入りませんから、大阪でも1日だけで良いからリサイタルをして欲しいものです。

そういえば、同じ時期にベートーヴェンのピアノ協奏曲の演奏会もしていますね。
全曲ライブ録音しているらしいですから、そのうち全集CDがリリースされるかもしれません。
リサイタルの記事を書かれると思いますので、楽しみにお待ちしております。

私も、レーゼルなどピアニスト中心にブログを書いておりますので、お暇なおりにでもお立ち寄りくださいませ。
http://kimamalove.blog94.fc2.com/
yoshimi
2011/09/29 08:57
非常に私はおそらくそれをダウンロードします確かにいい。おかげで幸運
Ruben1981
2012/10/07 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
エッシェンバッハのメンデルスゾーン「無言歌集(1)」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる