クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「グスタフ・レオンハルト・チェンバロ・リサイタル」(5月31日)

<<   作成日時 : 2011/06/01 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

昨日5月31日、東京・文京区のトッパン・ホールで行われたグスタフ・レオンハルトのチェンバロのリサイタルに行きました。
プログラムは次の通りでした。

 ルルー:組曲ヘ長調
 J.C.バッハ:前奏曲ハ長調
 フィッシャー:シャコンヌト長調
 デュフリ「クラヴサン組曲」より
 J.S.バッハ:「平均律クラヴィーア曲集第2集」より第9番ホ長調BWV878
 (休憩)
 J.S.バッハ:組曲ホ短調「ラウテンヴェルクのための」BWV996
 J.S.バッハ:イタリア風のアリアと変奏BWV989

アンコールはなしでした。

上記の作曲家は、J.S.バッハを除いてすべて知らない作曲家でした。
プログラムを見ると、すべてJ、S.バッハより前の時代の作曲家のようでした。またJ.C.バッハは、バッハ一族でJ.S.バッハの父の従兄に当たる人物とのことで、やはりJ.S.バッハより前の時代の作曲家です。
またJ.S.バッハの3曲のうち休憩後に演奏された2曲はぼくの知らない曲だったので、結局ぼくの聴いたことのある曲は平均律クラヴィーア曲集第2集第9番BWV878だけだったことになります。

レオンハルトは1928年生まれとのことなので、今年で83歳ということになります。高齢なのでひょっとすると最後の来日になるかもしれません。そのような考えの人が多かったせいか、会場は完全な満席でした。

レオンハルトが登場すると、足取りは元気そうに見えました。ふだんは眼鏡をかけていないようですが、演奏の際は黒縁の老眼鏡を取り出して、楽譜を見ながらの演奏でした。

レオンハルトの演奏が始まって、まずチェンバロの音の美しさに魅せられました。大変クリアで、しかもいぶし銀のような黒光りのする美音でした。
休憩時間に楽器についてどこかに書いていないか探したのですが、次のような表記がありました。

 ブルース・ケネディ製作
 ジャーマン2段チェンバロ
 1702〜04 M.ミートケ モデル

レオンハルトの演奏は、たいへん真摯なスタイルです。実直と言っても良いくらい誠実で、フォルムを崩さないものです。
ぼくは昨年11月レオンハルトの弟子に当たるトン・コープマンのチェンバロ・リサイタルに行きましたが、師弟にもかかわらずちょうど正反対の演奏スタイルです。すなわちコープマンが生き生きとした演奏をしたのに対し、レオンハルトはたいへん謹厳実直な演奏でした。

曲の方は正直言ってよく分かりませんでしたが、J.S.バッハとそれ以外の作曲家とで違いがあるのは分かりました。すなわちJ.S.バッハ以外の作曲家の作品が素朴な印象を受けるの対し、J.S.バッハの作品は充実度が高いのです。
しかし、レオンハルトの演奏を聴いていると、そのような作品に関することは忘れて、あの美しいチェンバロの音世界に浸ることができました。あの演奏を聴いていると、演奏されている作品のことなんかどうでもよい、という気持ちになったのです。本当に至福のひとときでした。

演奏終了後、レオンハルトは元気がないように見えました。演奏疲れかもしれませんが、彼はたいへん内気な性格だと聞いたことがあるので、そのせいかもしれません。







バッハ:フランス組曲(全曲)
ソニーレコード
レオンハルト(グスタフ)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:フランス組曲(全曲) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
管話§グスタフ・レオンハルトのオルガン
梅雨入りして最初の日曜日は、ひたすら雨が降りしきる一日だった。 そんな雨の中、電車を乗り継ぎ、都バスに乗って明治学院大学チャペ ルにグスタフ・レオンハルトを聴きに行ってきた。 ...続きを見る
ひだまりのお話
2011/06/02 08:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは。
 インバルのブルックナーにレオンハルトのチェンバロ、すばらしいコンサートに行かれてますね!
 レオンハルトのチェンバロは、CDで聴く限り、例えて言えばすさまじく達筆な草書体のような感じでとっつきにくいイメージだったのですが、それも何十年か前の録音での話、今やだいぶ変わっているのでしょうね。
 わたしは、BWV878はバッハの最高傑作の一つだと思っています。グールドも一生愛奏し続けましたし、レオンハルトも、そこに行き着いた、ということでしょうか。
 これは、聴きたかった!
 
Nora
2011/06/03 23:30
Noraさん、お久しぶりです。
コメントを頂き、有難うございます。
レオンハルトのチェンバロは良かったですよ。
レオンハルトの演奏活動は長いので、確かに昔は、孤高の世界にいるようで
とっつきにくかったのかもしれません。
先日のリサイタルも、親しみの持てるような演奏ではなかったのかも
しれませんが、楽器の音が素晴らしかったし、誠実に謙虚に弾いている
のがよく伝わってきました。
BWV878はぼくも弾き始めからすぐ分かりました。

レオンハルトはまだ80代前半で、鍵盤楽器奏者は生涯現役という方も
少なくないので、ひょっとしたら再来年、3年後くらいにもう1回来日
してくれるかもしれませんよ。
ただしコープマンはその前、来年か再来年にきてくれると思うので、
こちらの方も大いにお薦めです。

アルトゥール
2011/06/04 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
「グスタフ・レオンハルト・チェンバロ・リサイタル」(5月31日) クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる