アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ドビュッシー」のブログ記事

みんなの「ドビュッシー」ブログ

タイトル 日 時
ミケランジェリのドビュッシー「映像」
ミケランジェリのドビュッシー「映像」 今日の東京は曇り空の1日で、少し雨が降りました。7月下旬というと1年の最も暑い時期のはずですが、今日は最高気温が30℃くらいという涼しいような1日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/07/30 16:38
フランチェスカッティ/カサドシュのドビュッシー「ヴァイオリン・ソナタ」
フランチェスカッティ/カサドシュのドビュッシー「ヴァイオリン・ソナタ」 今日は外出は近所を散歩したくらいで、本を読んだり、息子(中2)と囲碁を打ったりして1日を過ごしました。 今日聴いたのは、ドビュッシーの「ヴァイオリン・ソナタ」です。演奏はジノ・フランチェスカッティ(vn)とロベール・カサドシュ(p)です。1946年4月26日の旧CBSへの録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/04 20:45
デュトワのドビュッシー「夜想曲」
昨日に続き、シャルル・デュトワ指揮モントリオール響のフランス印象派を聴きました。今日はドビュッシー「夜想曲」です。この曲は3曲目の「シレーヌ」に女声合唱が入るのですが、モントリオール女声合唱団が参加しています。1988年10月のDECCAへの録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/17 22:17
アバドのドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」
アバドのドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」 今日の「昭和の日」もたいへん良い気候でした。ぼくは遠くへ行かず、妻と食材を買いがてら近所を散歩したに止まりましたが、行楽地はどこも人で賑ったのではないでしょうか。東京は(たぶん大阪や名古屋も)4月下旬から6月上旬の梅雨入り前までが、1年でいちばん良い季節のように思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 21:22
ドビュッシー「フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ」
東京では今日、急に涼しくなり秋めいてきました。今日聴いたのは、ドビュッシーの「フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ」です。演奏はランパル(fl)、パスキエ(va)、ラスキーヌ(hp)のERATOへの録音です。録音年は1962年です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2007/08/29 22:00
チェリビダッケのドビュッシー「イベリア」
セルジュ・チェリビダッケ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団のドビュッシー「イベリア」を聴いてみた。1980年2月29日のライブで、DGから発売されたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/29 21:16
デュトワのドビュッシー「海」
デュトワのドビュッシー「海」 今日はシャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団の演奏するドビュッシー「海」を聴いてみました。録音は1989年5月です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/14 20:39
アラウのドビュッシー「映像」
クラウディオ・アラウの演奏するドビュッシーの「映像」を聴いてみた。1979年3月のPhilipsへの録音である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/17 21:17
ラサールSQのドビュッシー「弦楽四重奏曲」
ドビュッシーとラヴェルというとフランス印象派として一括りにされがちですが、ラヴェルが「音の魔術師」という異名のとおり多彩で絢爛豪華な作風であるのに対し、ドビュッシーはもう少し透明で純粋なように思います。ぼくはどちらかといえばラヴェルよりもドビュッシーの方が好きなのですが、こと室内楽の分野に関しては弦楽四重奏曲、ピアノ・トリオと大傑作の存在するラヴェルの方が上ではないかと思っています。 ではドビュッシーの室内楽が大したことがないのかというとそういうわけではなく、あくまでラヴェルと比較しての話で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/23 21:02

トップへ | みんなの「ドビュッシー」ブログ

クラシック音楽のある毎日 ドビュッシーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる