アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「モーツァルト」のブログ記事

みんなの「モーツァルト」ブログ

タイトル 日 時
シェリング/ヘブラーのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ第24番K296」
東京では最近寒い日が続いていましたが、今日の日曜日は少し寒さが和らぐようです。 今日は朝から、モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタ第24番K296」を聴きました。 演奏はヘンリク・シェリング(vn)とイングリッド・ヘブラー(p)です。1969年9月の旧PHILIPS(現在はDECCA)への録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/18 11:53
オイストラフのモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第1〜3番」
今日5月5日の東京は、曇り空で気温は昨日より下がり涼し目でした。 今日は近所のスーパーに買い物に出かけたくらいで、ほとんどの時間を自宅で過ごしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/05 21:35
ムター/オーキスのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ第24、36、43、30番」
ムター/オーキスのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ第24、36、43、30番」 今日の東京は、昨日と変わり、冬に逆戻りしたかのような寒い1日でした。 今日はアンネ=ゾフィー・ムター(vn)とランバート・オーキス(p)の演奏するモーツァルトのヴァイオリン・ソナタの第24番K296、36番K380、43番K547、30番K306を鑑賞しました。 2006年2月に録音されたムター/オーキスのモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集(前4枚)の3枚目です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/03 14:48
カサドシュ/セルのモーツァルト「ピアノ協奏曲第23番」
今日も残暑の厳しい1日でした。 聞いた話では、ぼくの住んでいる都内S区の小学校では、先週から2学期が始まっているということです。しかしこの点は、都内の区や市によって違いがあるようで、従来どおり9月1日から2学期が始まる地域もあるようです。 このように住んでいる場所によって2学期の開始時期に違いがあるのは、いささか違和感を覚えます。また、まだ8月なのにもう学校に行かなければならない子供たちが可哀相な気もします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/29 20:02
パールマンのモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第5番『トルコ風』」
今日12月22日は冬至です。今日はモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」K219を鑑賞しました。 演奏はイツァーク・パールマン(vn)とジェームス・レヴァイン指揮ウィーン・ハーモニー管弦楽団です。1982年6月のDGへの録音です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/12/22 20:29
ガルネリ四重奏団のモーツァルト「弦楽四重奏曲第15番」
今日の東京は、暖かった昨日から変わり、1日中曇り空の寒い日でした。 今日はガルネリ弦楽四重奏団(以下、「ガルネリSQ」と省略します)の演奏するモーツァルトの弦楽四重奏曲第15番ニ短調K421を鑑賞しました。1970年代半ばのRCAへの録音です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/13 17:11
ブレンデルのモーツァルト「ピアノと管楽のための五重奏曲」
今日は5連休の3日目です。東京は曇り空の涼しい1日でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/21 17:30
ブダペスト四重奏団のモーツァルト「ピアノ四重奏曲第1、2番」
ブダペスト四重奏団のモーツァルト「ピアノ四重奏曲第1、2番」 今日は残暑の厳しい1日でした。 今日はモーツァルトのピアノ四重奏曲第1番ト短調K478と同第2番変ホ長調K493を鑑賞しました。演奏はミエチスラフ・ホルショフスキとブダペスト四重奏団のメンバー(ジョセフ・ロイスマン(vn)、ボリス・クロイト(va)、ミッシャ・シュナイダー(vc)です。録音年月はぼくの持っている国内盤(SRCR8746)に表記がないので分からないのですが、音質からして1960年頃のステレオ録音ではないでしょうか。 なおブダペスト四重奏団は、指揮者のジョージ・セルをピアニストに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/06 20:37
ハイフェッツ/プリムローズのモーツァルト「協奏交響曲K364」
今日はハイフェッツ(vn)、プリムローズ(va)、ソロモン指揮RCAビクター交響楽団の演奏するモーツァルト「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲K364」を鑑賞しました。録音は1956年10月2日です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/07/11 18:05
モーツァルトの「ディヴェルティメント第15番K287」
今日11月29日の土曜日、東京はたいへん晴天に恵まれました。また、もうすぐ冬というこの時期としてはめずらしいほど暖かい1日でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/11/29 16:13
W・マイヤー/アーノンクールのモーツァルト「クラリネット協奏曲」
今日の東京は1日中曇り空で、冬がすぐ近くまで到来していることを実感させられるほどの肌寒さでした。今日で3連休が終わるわけですが、ぼくは最初の日に息子(中1)とともに福山雅治主演の「容疑者Xの献身」という映画を見に行った以外は、ほとんど家で過ごしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/11/03 21:12
アーノンクールのモーツァルト「グラン・パルティータ」
あっという間に11月になりました。3連休の初日の今日、久しぶりに音楽を聴く時間的余裕ができました。そこで取っておきの曲を聴こうと思い、聴いてみたのがモーツァルトのセレナード第10番変ロ長調K361「グラン・パルティータ」です。曲が13個の木管楽器で編成されていることから、「13管楽器のためのセレナード」とも称されることのある曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/11/01 21:37
ジュリーニのモーツァルト「レクイエム」
今日8月15日は戦後63回目の終戦の日です。第2次世界大戦の犠牲となられた何百万人の方々の御冥福をお祈り申し上げます。 また戦争の直接の犠牲になった方だけでなく、戦争によって親・兄弟などの肉親を失った方々の苦しみは今も続いています。そういったことを思う時、二度と戦争を起こさないという平和への誓いを新たにせざるをえません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/15 23:04
ベームのモーツァルト「交響曲第41番『ジュピター』」
今日の東京は典型的な梅雨空でした。午前中は雨で、午後も雨が降ったり止んだりの1日でした。 今日は、モーツァルトの最後の交響曲、第41番「ジュピター」D551を聴きました。演奏はカール・ベーム指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団です。1962年3月のDGへの録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/06/21 18:40
グリュミオー/ハスキルのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ集」
グリュミオー/ハスキルのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ集」 今日はたいへん天気の良い1日でした。アルテュール・グリュミオー(vn)とクララ・ハスキル(p)の演奏するモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ4曲を聴きました。第25番K301、第28番K304、第32番K376、第34番K378の4 曲です。録音は1958年10月10日〜17日です。ブログ仲間のNさんがご自分のブログで書いておられましたが、今日のような春の天気の良い日に、ピュアで美しいモーツァルトのヴァイオリン・ソナタはよく似合うようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/16 18:55
ラローチャのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第16番」
モーツァルトのピアノ・ソナタ第16番変ロ長調K570。この曲は、ぼくがモーツァルトのピアノ・ソナタの中で最も好きな曲だ。一般には、トルコ行進曲で有名な第11番K331とか第14番ハ短調の方が人気があるのかもしれない。けれども、ぼくは昔からずっと、第16番K570が最も好きでいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/19 20:58
スメタナSQのモーツァルト「弦楽五重奏曲第2番」
スメタナSQのモーツァルト「弦楽五重奏曲第2番」 今日はモーツァルトの「弦楽五重奏曲第2番ハ短調K406」を聴きました。演奏はスメタナ弦楽四重奏団とヨセフ・スーク(第1ヴィオラ)、1981年6月15日から21日にかけての録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/01/05 18:52
コープマンのモーツァルト「ディヴェルティメントK136〜138」
コープマンのモーツァルト「ディヴェルティメントK136〜138」 今日は天気予報では雨が降ると言われていましたが、結局雨はほとんど降らず曇り空の1日でした。また今日は12月28日ですが、ここまでくると年の瀬が迫ってきた感じがします。 最近あまりモーツァルトを聴いていなかったので、今日はモーツァルトの「ディヴェルティメントK136〜138」を聴いてみました。演奏はトン・コープマン指揮アムステルダム・バロック管弦楽団で、1989年5月のERATOへの録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/28 19:44
ランパルのモーツァルト「フルート四重奏曲全集」
ランパルのモーツァルト「フルート四重奏曲全集」 9月も下旬に入ったというのに暑い日々が続いている。近年は毎年のように酷暑に見舞れるが、暑い日がこんなにも続く年は珍しいのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/21 21:37
アーノンクールのモーツァルト「フルートとハープのための協奏曲」
アーノンクールのモーツァルト「フルートとハープのための協奏曲」 今日は午前中は雨で陰鬱な気候だったが、午後になって晴れ気温が上昇した。ただし気温が上昇したといってもそれほど高かったわけではなく、夏から秋に季節が移り変わっていくのが感じられた。いや、すでに秋に一歩足を踏み入れたというのが正確なところだろう。 また午後に入ってすぐ安倍晋三首相がとつぜん辞任を表明するという大きなニュースがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/12 21:26
フランチェスカッティのモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第3、4番」
フランチェスカッティのモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第3、4番」 モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K216と同第4番ニ長調K218を聴いてみた。演奏はジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン)とブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団で、1958年10月の録音である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/07/10 19:12
ピリスのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第9〜11番」
ピリスのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第9〜11番」 今日はマリア・ジョアオ・ピリスの演奏するモーツァルトのピアノ・ソナタ第9番K311、第10番K330、第11番K331の3曲と、同じCDに併録されていたロンドK511を聴いてみました。1974年のDENONへの録音です。ピリスはモーツァルトにピアノ・ソナタ全集を2度にわたり録音していますが、これはその1回目の、彼女が29歳の時のものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/05/22 21:19
ウラッハのモーツァルト「クラリネット五重奏曲」
ウラッハのモーツァルト「クラリネット五重奏曲」 レオポルド・ウラッハ(クラリネット)とウィーン・コンツァルトハウス弦楽四重奏団の演奏するモーツァルトの「クラリネット五重奏曲イ長調 K581」を聴いてみました。1951年、ウエストミンスターへの録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/05/16 21:25
クレーメル/カシュカシアン/マのモーツァルト「ディベルトメントK563」
クレーメル/カシュカシアン/マのモーツァルト「ディベルトメントK563」 ギドン・クレーメル(vn)、キム・カシュカシアン(va)、ヨーヨー・マ(vc)の演奏するモーツァルト「弦楽三重奏のためのディヴェルティメントK563」を聴いてみた。1984年3月のCBSソニー(現ソニー・クラシカル)への録音である。 音楽評論界の大御所・吉田秀和先生はこの曲を高く評価しておられるようだ。吉田先生の名著「LP300選」(新潮文庫、ただし現在は品切れ)から、長くなるが引用してみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/05/08 19:07
グルダ/コリア/アーノンクールのモーツァルト「2台のピアノのための協奏曲」
フリードリヒ・グルダ、チック・コリアのピアノ、ニコラウス・アーノンクール指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏するモーツァルトの「2台のピアノのための協奏曲K365」を聴いてみた。1983年6月のTELDECへの録音である。グルダ、チック・コリア、アーノンクールと聞いただけで、何が起こるかわくわくするような組合せである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/04 21:52
ABQのモーツァルト「弦楽四重奏曲第14、17番」
ABQのモーツァルト「弦楽四重奏曲第14、17番」 今日の東京は好天気に恵まれた。気温も上昇し、道端や電車の中から見える桜は八分咲きくらいまで咲いているように見えた。ちょうど今週末に満開を迎えることになりそうだ。一年で一番気候の良い季節ではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/03/29 21:40
モーツァルトの「ピアノ・トリオ第4、1、3番」
モーツァルトの「ピアノ・トリオ第4、1、3番」 モーツァルトのピアノ・トリオ第4番K542、第1番K254、第3番K502の3曲を聴いてみた(この3曲をこの順で聴いたのは、CD(国内盤でTKCC−15282)の収録順のせいです)。演奏は、ワルター・オルベルツ(p)、カール・ズスケ(vn)、マティアス・プフェンダー(vc)の3人。プフェンダーはベルリンSQ(旧ズスケSQ)のチェロ奏者だ。1988年から89年にかけての録音である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/03/13 21:16
アーノンクールのモーツァルト「協奏交響曲K364」
アーノンクールのモーツァルト「協奏交響曲K364」 今日はモーツァルトの「協奏交響曲変ホ長調K364」を聴いてみた。演奏は、ギドン・クレーメル(v)、キム・カシュカシャン(va)、ニコラウス・アーンクール指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。1983年10月の録音である。 この協奏交響曲K364はぼくの大好きな曲の1つだ。誰かにモーツァルトの好きな曲を1つ挙げよと問われれば、それは答えることのできない難問だ。3つ挙げよと問われると、とりあえず「13管楽器のためのセレナードK361」と「クラリネット五重奏曲K581」を挙げて、残り1曲の候補とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/03/06 18:31
スウィトナー&ドレスデンのモーツァルト「交響曲第39番」
スウィトナー&ドレスデンのモーツァルト「交響曲第39番」 「2月16日「勝手に歌劇場のオケの日」」について 今日はgarjyuさんとmiwaplanさんの共同企画、『勝手に“歌劇場のオーケストラ”の日』です。歌劇場のオーケストラというと誰もが真っ先にウィーン・フィルを連想するだろうと思います。しかしぼくはウィーン・フィルは普段よく聞いているので、この機会に最近あまり聞いていない歌劇場のオーケストラを聞いてみようと思いました。選んだのは、オトマール・スウィトナー指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏するモーツァルトの交響曲第39番K543(1974年録... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2007/02/15 20:18
ニコレのモーツァルト「フルート協奏曲第1・2番」
ニコレのモーツァルト「フルート協奏曲第1・2番」 今日はモーツァルトのフルート協奏曲第1番ト長調K313、同第2番ニ長調K314を聴いてみた。演奏はフルートがオーレル・ニコレ、オーケストラがデイヴィッド・ジンマン指揮コンセルトヘボウ管で、1978年6月の録音である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/07 21:38
ワルターのモーツァルト「交響曲第35・36番」
今年に入ってからモーツァルトをあまり聴いていなかった。そこで交響曲第35番「ハフナー」と第36番「リンツ」を聴いてみた。演奏はブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団で、録音は両曲とも1960年2月である。自分がワルターの演奏を聴くのは久しぶりのような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/22 18:16
カラヤンのモーツァルト「ディヴェルティメント第17番」
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のモーツァルト「ディヴェルティメント第17番K334」を聴いてみた。録音は1987年4月、カラヤン最晩年の録音であり、彼の多数存在すると思われる同曲の録音の中では最後のものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/04 19:33
グルダのモーツァルト「ピアノ協奏曲第25・27番」
これまで10月14日にモーツァルトのピアノ協奏曲第18・22番をカサドシュとセルの演奏で、10月23日に同第23・24番をカーゾンとケルテスの演奏で聴いてきた。今日は第25番と第27番を聴いた。演奏は、ピアノがフリードリヒ・グルダ、オーケストラがクラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィルである。録音は1975年5月。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/10 17:36
ベーム指揮、モーツァルトの交響曲第32〜34番
モーツァルトの交響曲第32番K318、第33番K319、第34番K338の3曲を聴いた。演奏はカール・ベーム指揮ベルリン・フィル。録音は第32番が1959年10月、第33番が1968年3・11月、第34番が1966年2・3月である。 第35番K385以降の交響曲が後期6大交響曲と呼ばれる傑作群であるから、今日聞いたのはそれら傑作群に入る直前の3曲だということになる。いずれもザルツブルグ時代の作品である。第32番は3楽章編成だが、あとの2曲は4楽章編成となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 19:46
カーゾンのモーツァルト「ピアノ協奏曲第23・24番」
先週ロベール・カサドシュのピアノでモーツァルトのピアノ協奏曲第18番と第22番を聴いたのに続き、今日は同23番と24番を聴いた。ともにモーツァルトの全ピアノ協奏曲中、屈指の名曲だと思われる。今日聴いたCDは、ピアノがクリフォード・カーゾン、オーケストラはイシュトヴァン・ケルテス指揮ロンドン交響楽団で、録音は1968年12月である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/23 20:19
カサドシュのモーツァルト「ピアノ協奏曲第18・22番」
先日モーツァルトの弦楽四重奏曲を聴いて、やっぱりモーツァルトはいいなあ、と改めて思ったので、ピアノ協奏曲第18番と同第22番、それにピアノ・ソナタ第12番K332が収められた1枚を聴いてみた。演奏は、ロベール・カサドシュ(ピアノ)とジョージ・セル指揮コロンビア交響楽団。録音は、協奏曲18番が1956年11月、22番が1959年11月、ソナタが1964年10月である。2001年にフランスのソニー・クラシカルからカサドシュのシリーズが発売された時の1枚だが、ソナタはこれが初CD化とのことである。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/14 21:33
ズスケSQのモーツァルト「弦楽四重奏曲第18・19番」
ズスケSQのモーツァルト「弦楽四重奏曲第18・19番」 今日はモーツァルトの弦楽四重奏曲第18番と第19番「不協和音」を聴いてみた。演奏はズスケSQ(ベルリンSQ)で、1971年から72年にかけての録音である。ぼくが聴いたのは現在ベルリン・クラシックスから発売されているものだが、初出時のレーベルがどこだったかちょっと思い出せない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/11 19:59

トップへ | みんなの「モーツァルト」ブログ

クラシック音楽のある毎日 モーツァルトのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる