「秋の気配」

9月に入って1週間が経過したが、まだまだ暑い日が続いている。だが朝夕は涼しくなり過ごしやすくなった。秋の気配も感じられるこの頃だ。

秋の気配というと、オフコースの名曲「秋の気配」を思い出す。「秋の気配」が発売されたのはぼくが中学か高校の頃で、ラジオで偶然耳にした、という記憶がある。オフコースについては当時、声とメロディがすごく個性的だと思っていた。ぼくはクラシックの大ファンだから、どうしてもメロディの美しい音楽が好きになる。だからオフコースは好きなグループだった。
その後もオフコースは「愛を止めないで」などのヒット曲を出し、「さよなら」で大ブレイクした。ところが、その頃からぼくは、音楽というとクラシックしか聞かなくなった。それでオフコースの新曲1つ1つはあまりわからなくなった。けれども、80年代にオフコースが解散したことや、リーダーの小田和正さんがその後も「ラブストーリーは突然に」をはじめとするヒット曲を出すなど活躍を続け、最近もニュー・アルバムを出すなど今も現役でがんばっているということは、常識として知っている。

それにしても小田さんは30年以上第一線にいるわけだから、その息の長さ、特にあの高く透明な声をずっと維持しているのは驚異的だ。よほど厳しいヴォイス・トレーニングを自らに課しているのだろうと思う。CDの売り上げという面ではサザン・オールスターズに及ばないだろうが、熱心なファンの数は、サザンとそんなに変わらないのではないだろうか。

ところでぼくはオフコースの歌の中では、「眠れぬ夜」と、他ならぬ「秋の気配」が特に好きだ。前者はユーモラスなメロディが絶妙だし、後者を聞くと横浜の「港の見える丘公園」が目に浮かぶような気がする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック