天児慧「中国・アジア・日本」(筑摩書房)

天児慧「中国・アジア・日本」(筑摩書房=ちくま新書)という本を読み終えた。今年10月10日の刊である。7月に読んだ毛里和子「日中関係」が、タイトルの通り日中関係を中心に述べた本であったのに対し、こちらは日中関係を含む中国の現状、その対外関係・内政の現状および将来の展望についてバランスよく述べた良書だった。

ぼくが読んでいてなるほどと思ったのは、中国では決して反日感情が強いわけでなく中立的な感情を持っている人が多いということと、胡錦濤政権に代わってから外交が活発化し、「和階世界(調和世界)」の実現に向けて東(南)アジアをはじめ国際社会に積極的に関与しようとしてているということだ。そして著者は最後で、日中両国は「プラス・サム」の関係の実現に向けて、関係改善のため努力すべきだと説く。

ぼくは著者の考えはまったくその通りだと思う。安倍首相は、政権発足後真っ先に中国および韓国を訪問し、小泉前政権のもとで悪化した両国との関係を改善したいというメッセージを強く発した。高く評価すべき行動だと思う。安倍首相の下、日本が中国(および韓国)との関係を改善し、東アジア・東南アジア地域の経済発展と安全保障に協力できることを期待したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Windowsで中国語を書こう!

    Excerpt: 中国語のお勉強をしているあなた、在日中国人の方で中国語を入力したいと考えているあなた、とにかく中国語を入力したい方!へのプレゼントです。中国語は日本語OSのマシンで入力できるんです。ちょっとした設定だ.. Weblog: 無料レポート racked: 2006-11-14 11:59