塾との保護者面談

今日の午後、学習塾に通塾中の息子(小6)の志望校、苦手科目、その他に関し、塾側と保護者との面談があった。我が家では、妻が行ってくれた。

そこで聞いてきた話を要約すると、

1、最近成績は下降気味だが、それはブレの範囲内で大きな心配はいらない。
2、成績が下がってきたからといって第一志望校を変えてしまうと、子どものモチベーションが下がってしまうので、志望校は今のままでよい。
3、苦手科目の国語は記述力をつける必要がある。

ということのようだ。

上記の2と3から憶測すると、塾側は、息子の成績が下がってきたので心配し始めたのではないだろうか。妻とぼくはもちろん心配だ。肝心の息子は、楽天的なのか鈍感なのか、のんきにに構えているように見えるのだが…。
受験まであと9ヶ月。ここは踏ん張りどころだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック