子どもの夏休み

今月の21日から、息子(小6)の夏休みが始まった。しかし、来年の中学受験を控えて通塾中の息子にとっては、「休み」という感はしないだろうと思う。

夏休み期間は8月31日まで42日間あるわけだけれど、そのうち26日間、夏期講習のため通塾しなければならない。塾のある日はもちろん、塾のない日も膨大な宿題をこなすのに忙殺されてしまう。わが家では今年は、家族旅行は無理だ。妻の実家への里帰り、それも1泊2日の最短の里帰りがやっとという有様。息子がかわいそうだとつくづく思う。

息子は明日から学校行事で2泊3日の臨海学校に出かける。それが楽しみのようだ。せめて臨海学校で友達と思い切り楽しんできてほしい、良い思い出を作ってきてほしい、と心から願っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

my favorite stories
2007年07月29日 18:10
 アルトゥールさん、今晩は。私の若い頃と同じ路をたどっているんですね。ご子息は私立中学にお進みのようですね。我が息子は公立でしたから、小学校の頃は毎日息子とテレビゲームに興じていました。しかし勉学に目覚めた彼は、高校から河合塾に通い始め、テレビとゲームを一切絶ってしまいました。彼が高2の時、屋久島に家族で旅行したのですが、息子は勉強が遅れると言って、1泊した後、帰ってしまいました。叔母が「可愛そうにねぇ、いやな世の中になったものだねぇ」と言っていたのが思い出されます。その叔母も、もう亡くなりました。
 アルトゥールさん、ご子息のご成功をお祈り致しております。
 どうも失礼致しました。ところで、今度新宿を語りましょうか。随分と新宿も変わったでしょうね。若い頃は、私の庭だったんですよ。不良、ヤクザ・・・みんな友達でした。いい時代でした。
 
2007年07月30日 23:02
my favorite storiesさん、コメント有難うございます。

私の息子は無事私立に合格してくれたら良いのですが、
不合格になり公立に進学することになるかもしれません。
しかしそうなっても1つの人生だろうと思います。
my favorite storiesさんのご子息は根性があって頼も
しいです。
 
新宿は私の若い頃はあまり思い出がないんですよ。私の
学生時代は80年代前半で、当時は渋谷・六本木という
時代でしたから…。本はもっぱら大学の生協書籍部で買
っていました。
私が新宿に多少詳しくなったのは就職してからです。本
を紀伊国屋書店で探すようになりましたので…。今では
週末に新宿を、服をバーニーズ・ニューヨーク、本を紀
伊国屋書店(またはジュンク堂新宿店)、CDをタワー
レコード新宿店と、一回りするのが楽しみです。
2007年07月30日 23:07
(字数制限のため分割して、上のコメントに続けます。)

ただ新宿の飲み屋は分からないんですよ。
私も若い頃誘われて(?)キャバクラに行ったりしました
が、それはもっぱら六本木でした。比較的若くで結婚した
せいで、今まで遊びはあまり知らずに来ました。
ゴールデン街には一度行ってみたいと思っているのですが
…。

この記事へのトラックバック