ラグビー大畑、負傷しW杯絶望!

読売新聞ニュースによると、ラグビーの日本代表は25日、ポルトガル代表と調整試合を行い、15-13で勝利を収めたものの、エースのウイング大畑大介選手は左アキレス腱断裂の重傷を負い、9月7日開幕のW杯出場は絶望となった。またスタンドオフ(SO)安藤栄次選手も右ひざを強打し、やはりW杯出場は絶望とみられる。

昨日ぼくがラグビーW杯の記事を書いたとたん、悪いニュースが襲ってきた。日本代表のエースでトライ数世界記録も持つ大畑選手が左アキレス腱断裂の大ケガで、W杯出場は絶望となったのだ。上の記事によると、大畑は1月の国内試合で右アキレス腱を断裂したが、W杯出場に向け必死のリハビリを続け、ようやく実戦に復帰した矢先の出来事だったそうだ。大畑は年齢が31歳とあって、今回が最後のW杯となる可能性が高かった。本人の悔しさ・無念さは察するに余りある。また大畑は日本代表にとって代わりがきかない選手である。日本代表にとっても大きな打撃だ。
またSOの安藤選手も、SOといえば司令塔である。司令塔のリタイアはやはり日本代表にとって大きな打撃だ。代表にはもう1人SOが選ばれているのが救いだが…。

ラグビーはサッカーに比べて組織で戦うという面が強い。今回の2人のケガも、日本代表にとって、サッカーの日本代表で高原・中村俊輔の2人が出場絶望となったというほどの大きな痛手ではないと思う。しかし痛手は痛手だ。そのうえ、特にチームの精神的支柱の1人だった大畑の負傷が、他の選手に与える精神的動揺も心配される。W杯を前に、日本代表は大きなショックに襲われた。ここはJ・カーワン・ヘッドコーチや主将のFW箕内拓郎を中心に、何とか試練を乗り越えてほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月30日 09:15
アルトゥールさん、コメントありがとうございます。
自分もFW第1列をしていることもあって、デュラントはじめ第1列の選手が味があって好きですが、大畑さんや村田(亙)さん・広瀬さん・清水(秀)さんは別格です。
彼らには40になっても50になっても第1線でやっていてもらいたいし、彼らを見るためだけにグランドへ行きたいくらいです。
サファイアさんのブログの言葉が、多くのファンの気持ちを代弁していると思います。
「大畑大介、戻ってこい!!」
僕も同感です。
2007年08月30日 21:52
いろいろ感想文さん、コメント有難うございます。

いろいろ感想文さんは1列でしたか。
いろいろ感想文さんのように現役の選手に大きな思い入れが
あるのは羨ましいですね。私は世代的に少し古く、特に好き
だったのは石山、藤田、洞口各選手の1列や林敏之選手でし
た。ただ大畑選手や村田、広瀬(佳)選手はハートが伝わっ
てきて、やっぱり好きです。今回もケガの安藤選手の代わり
に広瀬選手を選んでほしかったなあ(笑)

この記事へのトラックバック