ラグビーW杯、準々決勝の結果Ⅰ

フランスで開催中のラグビーW杯は決勝トーナメントに入り、10月6、7日に準々決勝が行われた。結果は次の通りだった。

 イングランド 12―10 オーストラリア
 フランス 20―18 ニュージーランド
 南アフリカ 37―20 フィジー
 アルゼンチン 19―13 スコットランド

イングランドとフランスの勝利は大番狂わせだった。ぼくはこのブログでオーストラリア、ニュージーランドの勝利は動かないと予想したので、大外れだったことになる。

まずイングランド―オーストラリア戦だけれど、イングランドは予選リーグで最初の2試合を終えた時点では予選突破さえ危ぶまされていた。ところが予選リーグ3戦目でSOジョニー・ウィルキンソンが怪我から復帰すると、チームは息を吹き返した。何よりもFWが元気を取り戻した。オーストラリアとの準々決勝でもFWが、スクラムでも接点でも優位に立ち、相手にほとんどゲインを切らせなかった。ウィルキンソンは得意のキックでFWを前に出し、幅広いカバーリングも光った。
逆にオーストラリアは長くチームを支えてきたSOラーカムの欠場が響いたのではないだろうか。FW・BKともに精彩を欠いた。FW、特に前5人がやや非力だったようだ。

フランス―ニュージーランド戦は書きたいことが多いので、別の記事にします。

南アフリカ―フィジーはフィジーの健闘が光った。得意のランニングラグビーで一時は20対20に追いつくなど、一時は勝負の行方が分からないほどだった。最後はFWで押し切られたが、今大会で躍進したチームは間違いなくアルゼンチンとフィジーだろう。

またスコットランドも敗れたとはいえ、意外にも(?)思い切ってBKに展開するラグビーを見せ、勝敗は最後まで分からなかった。

この後の記事で、フランス―ニュージーランド戦について書きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック