クラブW杯、ミラン対レッズ

今日行われたクラブ・ワールドカップ準決勝、ACミラン対浦和レッズをテレビ観戦した。感想を一言でいうと、レッズ惜しかった…。

試合結果は1対0(前半0対0)。得点は後半23分、セードルフだった。
カカはもちろん、DFネスタ、MFピルロ、ガットゥーゾと現役のイタリア代表をそろえた豪華ミランに対し、レッズは意思統一された戦法で対抗した。相手のパス回しからの攻撃に対し、粘り強くプレスをかけ、堅く守る。特にネネ、闘莉王の頑張りは光った。そしてカウンターからの得点を狙う。ミランも攻めあぐんでいるような場面も見受けられた。

得点はカカの突破から折り返して、セードルフのワンタッチでのシュートによるもの。個人技による得点だった。これは仕方がない。レッズは、完全ホームだということを差し引いても、よく善戦したと思う。アジアのクラブ・リーグも徐々にレベルが上がってきたことを証明する試合だった。

最後に、ミランの守りはさすがに堅かった。これでボカ・ジュニアーズとの決勝になるわけだけど、好勝負が期待できそうだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年12月17日 13:21
はじめまして!
音楽マガジンを作成して記事を掲載させていただける方を募集しています。登録はもちろん無料なのでよろしければご参加いただけませんか?
http://www.edita.jp/admin/editor_request.php?site_cd=musicanova
よろしければこちらからお願いいたします

この記事へのトラックバック

  • クラブW杯・浦和vsミラン&欧州CL

    Excerpt: FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007:準決勝浦和レッズ 0-1 ACミラン敗れはしたものの、浦和は大健闘でしょう!ミランの選手... Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記 racked: 2007-12-14 00:14