子供の卒業式

快晴に恵まれた今日、息子の小学校の卒業式でした。妻と2人で出席しました。

卒業式は体育館で行われました。父兄の見守る中、担任の先生に引率されて今年卒業する6年生が体育館に入場しました。ついで卒業証書の授与式です。1人1人の生徒が名前を呼ばれ、それに返事をして、自分のこれからの抱負を述べると、校長先生から卒業証書を直接手渡されます。卒業生たちの抱負を聞いていると、「中学になったら勉強と部活を両立させてがんばりたいです。」「中学になってもたくさんの友だちをつくりたいです。」というような趣旨が多かったのですが、中には「サッカー選手になってワールド・カップに出たい。」という男子や「パティシエになっておいしいお菓子を作りたいです。」という女子もいました。

さて息子の番になったのですが、ここで、ぼくたち夫婦にとって、たぶん生涯忘れられない出来事が起きました。息子は名前を呼ばれたのに、「はい」という返事をしないで(後で聞くと緊張して言い忘れたそうです)、自分の抱負を述べたのです。「はい」という返事をしなかった子を息子だけのようでした…。

次に校長先生の送辞がありました。その次に来賓のX市の方の祝辞があったのですが、その方が話の最初の方でこんなことを仰ったのです。
「皆さんは卒業式で何か忘れものをしなかったですか。私は40年以上前の話ですが、小学校の卒業式で忘れ物をしました。名前を呼ばれた時『はい』の返事をするのを忘れたのです。そのことは今の私にとって大きな財産です。なぜなら、それ以来、人の前で『はい』という返事をするのを忘れることはなくなったのです。」
たぶんその来賓の方があらかじめ用意されていた言葉ではないかと思うのですが、ぼくたち夫婦はその言葉を聞いて、いっぺんに良い思い出ができました。

その後、卒業生全員が壇上に上り、答辞を述べ、校歌と卒業式の定番ソング「旅立ちの日」を歌いました。
画像


答辞の最中、あるいは歌を歌っている最中、とくに女子の中に目に涙が光っている子が多くいました。中には涙が止まらない様子の子もいました。またお母さんの中にも涙をぬぐっておられる方もいました。

これで卒業式が終わり、卒業生たちは退場しました。その後校庭で、子供たちは友だち同士で集まって父兄の方に写真を撮ってもらったりしていました。父兄同士も、わが子が6年間も在籍していると馴染みになっている場合が多く、多くの方が談笑していました。ぼくたちも息子の友だちのご両親にあいさつをしてまわりました。

さて卒業式の後の息子がどうしたかですが、家で昼食を取るとさっそく、今別れたばかりの友だちと校庭で遊びに出かけていきました。そればかりか、明日も午前中から遊びに出かける約束をしたのだそうです。

どうやら息子は、友達に恵まれ、楽しい小学校生活を送ることができたようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月25日 22:11
こんばんは。
ご卒業おめでとうございます。

6年間は長いようで短い、短いようで長いのでしょう。
思い出に残る卒業式でよかったですね。

うちの娘もあと4年で卒業と考えると、あっという間にやってくるなあと思います。
2008年03月26日 00:10
こんばんわ。お子様のご卒業、本当におめでとうございます。
式の間、お子様の6年間の小学校生活をいっぱい思い出されたことと思います。親の方がうるっときてしまいますよね。

短い春休みですが、お子様が4月からの中学校での新生活に備えて十分充電できますように・・・。
2008年03月26日 03:43
お早うございます。

ご子息 ご卒業おめでとうございます
「はい」を言わなかった話、良い話ですよね。
息子さんも記憶に残るのではないでしょうか。

私は小学校、中学校、高校の操業式、まったく記憶にありません
大学は卒業式にも行っていませんし~
そういう記憶がないのが、少し寂しく思っています。
アルバムを見たら、少しは思い出すかもしれませんが~

4月から中学生ですね、愉しい中学校生活を送られることを心よりお祈りしております。

ミ(`w´)彡 
2008年03月26日 20:10
ピースうさぎさん
御祝辞とコメントを頂き有難うございます。

私にとって、息子の6年前の入学式はまるで昨日の
ことのようです。あっという間の短い6年間でした。

ピースうさぎさんのお嬢様は、今春、3年生ですね。
中学年というと精神面でしっかりしてくる年頃だろ
うと思います。また親からすると、そういうしっか
りしてきた面がまた可愛く思えるのだろうと思います。

ピースうさぎさんの御家族の益々の御健勝をお祈り
申し上げます。


2008年03月26日 20:49
イチロンさん
御祝辞とコメントを頂き有難うございます。

卒業式の間、いろいろ思い出しました。うちの息子は
低学年の間はまだ幼く、友だちもあまりできなかった
のですが、3年生の途中あたりから急にしっかりして
きたように思います。

息子は中学校は私立なので、入学式までの間に通学の
練習をさせなければならないのですが、毎日のように
友だちと遊ぶ予定が入っているようです…。受験勉強
をやった反動なのかなと考えてしまいます。
2008年03月26日 20:55
rudolf2006さま
御祝辞とコメントを頂き有難うございます。

私の小学、中学、高校と卒業式は全く憶えていません。
大学の卒業式だけは、かすかに憶えていますが。
中学生というと身体は大きくなっても精神面では未熟で、
いろいろ悩みを抱えてしまったりする年頃だろうと思い
ます。子供の発する信号のようなものに敏感でありたい
と思っています。
fumika
2008年03月31日 00:26
こんばんは。
遅くなりましたが、ご卒業オメデトウございます。
卒業式は初体験ですね。
やっぱり幼稚園の卒園とは違いますものね。

6年間通った小学校はとても思い出深いです。
卒業したての息子さんはピンと来ないかもしれないけど、
沢山の友達と遊んだ場所や日々って大人にならないとわからない。
その大切で豊かな時間を持てたかどうかで、オーバーだけど人生観が左右されるから。

来賓の方のお話も心温まりますね。息子さんの「はい」という返事が聞こえなかった事で、その方も自分の事を言わずにはいられなかった、ワクワクする気持ちを想像すると、頬が緩んでしまいました。
これも大切な思い出ですね。




でも有るのと無いのとでは全く違いますからね。
2008年03月31日 21:10
fumikaさん、こんばんは!
御祝辞を頂き有難うございます。

幼稚園の卒園の時は、子供はまだ精神的に未熟すぎて
それがどういう意味なのか分からなかったように思います。
今回の小学校は卒業式は、どの子供も6年間の多くの
思い出を胸に抱いての旅立ちと別れということで、多く
の子供が感動し、女子を中心に泣く子も多かったのだと
思います。
息子も幸福な小学校6年間を送れることができたと思いま
す。最後に第1志望校に合格できなかったのは残念でした
が、残念だったのはそれくらいです。また新しい中学校で
いろいろな思い出を作っていってほしいと思っています。

この記事へのトラックバック