コンヴィチュニーのベートーヴェン「交響曲第6番『田園』」

画像

今日の東京は冬晴れの好天気でした。東京ではこれで、年の初め以来ずっと晴天が続いています。

まず最初にお断りしたいことがあります。本ブログでは、2006年7月の開始以来ずっと、同じ曲は二度と記事にしないという方針を守ってきました。それは、できるだけ多くの曲について記事を書きたいという気持ちからです。開始以来約2年半の間重複して取り上げた曲は、J.S.バッハのイギリス組曲の第3、5、6番(3番でリヒテルとアスペレン、5、6番でリヒテルとグールドが重複)とブランデンブルク協奏曲第2番(コッホとコープマンが重複)だけだったと思います。

しかし開始以来約2年半が経過し、その間のクラシック音楽をテーマにした記事は220を超えています。1回の記事で複数の曲を取り上げたケースもありますので、これまで250曲程度の曲を取り上げているのではないでしょうか。
このようになると、同じ曲を二度と取り上げないという方針を維持するのは困難になってきます。記事のネタがだんだんなくなってきます。具体例を挙げると、ベートーヴェンの交響曲は第5、第9以外すべて記事を書いているのです。その上、かなり以前に取り上げた曲をもう一度振り返ってみることは、それなりに有意義なのではないでしょうか。

そういうわけで、これからは、過去に取り上げた曲についても記事を書くことにします。ただし、その場合は明記し、過去の記事をトラックバックすることにします。

さて、今日の記事はフランツ・コンヴィチュニー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏するベートーヴェンの交響曲第6番「田園」です。録音年月については、ライナーノートに1959年から61年にかけてとしか記載がなく、詳細はわかりません。同曲は過去にトスカニーニ盤を取り上げたことがありますので、2回目ということになります。

ぼくはここ1、2年、このコンヴィチュニーとか、昨年生年100年ということで注目されたカイルベルトのベートーヴェンに特に惹かれるようになりました。
ぼくはずっと、ベートーヴェンの交響曲は、モノラルでトスカニーニ、ステレオでカラヤン、デジタルでスウィトナーだと思ってきました。
しかし近年どうも、トスカニーニとかカラヤンのような大指揮者、スーパースターによる個性的な演奏は、聴いていて疲れてしまい、敬して遠ざけたいという気持ちなのです。コンヴィチュニーやカイルベルトの方が、気楽に聴くことができ、その上聴いていて感心するような点も少なくなく、聴きやすいのです。

オーケストラの分野では、ここ20年くらい、アーノンクールをはじめとする古楽器オーケストラによる演奏が一世を風靡し、現代オケでもラトルらその影響を受けた演奏が多く現れました。ぼくなどは、こうした古楽器派の、良く言えば新鮮、悪く言えば軽量級のアプローチをだんだん聴き飽きてきて、もっと他の傾向の演奏を聴きたくなってきました。こういう状況のとき、コンヴィチュニーのような古き良き時代を思わせる演奏は、非常にありがたい存在です。

この「田園」など最たるものです。なんとまあ、晴朗で純朴な演奏なのでしょうか。いかにも古き良き時代のドイツの質実なオーケストラの音です。
コンヴィチュニーは、あまりテンポを揺らしたり、細部を繊細に詰めていったりしません。ベートーヴェンの演奏はこれでいい、という自信が感じられるようです。自然体といえばこれ以上ないくらい自然体の演奏です。中でも、第2楽章の息の長い清澄な演奏は特に印象に残ります。
ベートーヴェン自身が元々意図していたのは、トスカニーニやカラヤンのような現代的で精巧で個性的でアプローチでも、アーノンクールのような斬新なアプローチでもなく、このコンヴィチュニーのような自然体の演奏なのではないでしょうか。

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団も、細かなアンサンブルの乱れがなくはないようですが、後年のようにインターナショナル化することもなく、ライプツィヒ伝統の質実で柔らかい音を聞かせてくれます。

なお前述のように、この曲は過去にトスカニーニ盤をエントリーしたことがあるので、その時の記事をトラックバックします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年01月07日 23:50
アルトゥールさん、こんにちは。

コンヴィチュニーのベートーヴェンは良いですよ。私は学生の頃からカラヤン、トスカニーニよりもこの人の方を好んでいました。「田園」は全集の中ではあっさりした演奏で、ゆったりと歌うワルターやベームのほうが好きですが、ゲヴァントハウスの人工調味料無しの自然食品のような味わいはなかなか得がたい物だと思います。
2009年01月08日 07:08
ハルくんさん
おはようございます。
コメントを頂き有難うございます。
私は、コンヴィチュニーを初めて聴いたのが一昨年という
ほど初心者です。しかし初めて聴いた時、心の中にそのま
ますっと入ってくる演奏でした。「田園」はベームが好き
だったのですが、今はハルくんの仰るようなコンヴィチュ
ニーのあっさりした自然食品のような演奏ですっかり満足
しています。当時のゲヴァントハウスは良かったですね~。
2009年01月08日 12:33
当時のゲヴァントハウスは本当にいいですよね~。
機械的な正確さでは分かりませんが、例えば2番の4楽章のきりりと引き締まったアンサンブルなどは実に見事で、そうそう他で聴くことができないと思います。良い指揮者とオケとの絶妙な組み合わせだったのでしょうね。
でもこの人はチェコPOとのグレートとか案外と鋭角的な演奏もやっています。
2009年01月08日 17:19
こんにちは。
コンヴィチュニーのベートーヴェン、エエですね。特に「田園」がイイです。
ドイツの「田園」はこういうものだ、と説得力の強い演奏でした。構成がしっかりしていて、ドッシリした重量感、きっちりしたフレージング等、どれを取ってもドイツ風と思いました。
最近はアッサリ系軽めのベートーヴェンが多いので、コンヴィチュニーのような行き方、懐かしいような嬉しいような思いです。
古いエントリーですがTBさせていただきました。
2009年01月08日 18:30
ハルくんさん
再度のコメント有難うございます。
コンヴィチュニー時代のゲヴァントハウス管は、本当に
良いと思います。機械的な正確さなどない方がいいよう
な気がしてきます(笑)。ベートーヴェンでは仰るとお
り偶数番の方がいいでしょうね。
チェコPOとのグレート(クレスト1000に入っている演
奏だと思います)はまだですが、私の買ったedelレーベ
ルのBOXに入っている演奏ではブルックナーも気に入
っています。
2009年01月08日 20:08
mozart1889さん
御来訪有難うございます。
またTB有難うございます。
コンヴィチュニーの「田園」、本当にエエですね。
自分はmozart1889さんのような文章力がなかったのですが、
仰るとおりだと思います。構成がしっかりしているのが根底
にあって、重量感、フレージングともドイツ風でがっちり
していると思います。
最近は本当に軽めのベートーヴェンが多いですね。mozart1889
さんの自己TBを拝見していて思ったのですが、コンヴィチュ
ニー、カイルベルト、スウィトナーあたりが、今の自分には
いちばん有難いです。
HABABI
2009年01月08日 22:01
アルトゥールさん、こんばんは。
多分、初めてコメントすると思います。よろしくお願いします。
コンヴィチュニーの「田園」は、とにかくその響きのユニークさで目立っています。初めてLPで聴いた時、出だしの音はバグパイプかと思ったほどでした。ゲヴァントハウスの響きに聴き惚れてしまいます。ゲヴァントハウスのメンバーによる弦楽四重奏団の演奏会に行ったことがあるのですが、これもユニークな響きでした。まるで、楽器が古すぎて”抜けて”しまったような響きでした。コンヴィチュニーの指揮については、シューマンの交響曲が今でも一番気に入っているものです。
2009年01月09日 07:13
HABABIさん、おはようございます。
コメントを頂きありがとうございます。
なお以前に一度コメントを頂いたことがあります。

コンヴィチュニー/ゲヴァントハウスの演奏は、LPで
聴くと良いでしょうね。当時のゲヴァントハウスならでは
の音が、CDよりもはっきり分かるだろうと思います。
ゲヴァントハウス四重奏団の演奏は、第1vnがカール・ズ
スケだった80年代に行ったことがあります。楽器のこと
は覚えていませんが、堅実で実直な演奏だったと思います。

この記事へのトラックバック