秋の日の散歩

今日の土曜は秋晴れの気持ちの良い1日でした。
ぼくは、久しぶりに妻と2人で散歩に出かけました。

向かったのは、東京・押上の「新東京タワー」の建設中の現場です。

画像


完成してしまったビルやタワーは、例えば、東京タワーも、現在で日本でいちばん高いビルだという横浜のランドマーク・タワーも、いくらでも見ることはできます。
しかし、当然のことですが、完成する前の建設中のビルやタワーは、建設中にしか見ることができません。希少価値があります。
今日、東京・押上の建設現場に行ってみると、多くの写真愛好家と思われる方々が、シャッターを切っていました。
意外だったのは親子連れを見かけなかったことです。小学生にとっては、建設中のタワーを見ることはよい思い出になると思うのですが…。

新東京タワーは、完成すると、地上634メートルの日本で最も高いビルになるとのことでした。今日時点で183メートルまで建設が進んでいるという表示がありました。完成すると、「東京スカイツリー」と命名されるとのことでした。
なお634メートルとは、「武蔵(むさし)」にちなんだものとのことでした。

押上というところは、今日行ってみると、ごく普通の下町のようでした。東京ツリーが完成した後、どのように変貌するのでしょうか。

現地で昼食を取り、建築現場の周辺を少し散歩した後、帰宅しました。帰宅途中、新宿で下車し、ジュンク堂書店で、前から気になっていた石井邦生『わが天才棋士・井山裕太』(集英社インターナショナル)という本を買い求めました。囲碁界で、20歳の史上最年少で名人位を獲得した井山裕太名人について、師の石井邦生九段がその思い出を書いた本です。
明日の日曜は、この本を読んで過ごそうと思っています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年11月01日 23:46
 こんばんは。

> 建設中にしか見ることができません。希少価値があります。

 おっしゃるとおりですね。おそらく百年単位のスパンではるかな未来まで存在し続けるであろう600メートルを超える巨大ランドマーク建築物が、途中までしか存在しない風景というのは、正に今だけの、かけがえのない風景のように思います。
 映画「ALWAYS 3丁目の夕日」では、元祖東京タワーが半分しかない風景がすごく印象的でしたが、未来の人は、このアルトゥールさんの写真などを見て、同様のノスタルジーを感じたりするのでしょうか。
 もっとも、現代とあの頃とはだいぶ状況が異なるような気もしますが。
 もう少しだけ高くなったら、わたしも行ってみようと思います。
 なお、正しくは、「東京スカイツリー」というみたいです。
2009年11月02日 17:23
Noraさん。
コメントありがとうございます。
建築中の建物の工事現場というのは、近くに行ってみると
殺風景で音がうるさいだけのようですが、写真に撮って見て
みるとなかなか面白い写真のように思いました。
アップした以外にもたくさんの写真を撮りました。
完成予定の半分の300メートルかそれ以上まで建設され
たら、写真だけでなく、建築中の建物を見るのもまた
面白いだろうと思います。
名前の件は、教えて頂いて有難うございます。ブログ本文を
直します。

2009年12月02日 07:38
アルトゥールさん
お久しぶりです。先日私も銀座に出かけました。
今までは助手席専門でしたが、今回ナヴィ付きの車に買い替えたこともあり、初めて自分で首都高を走りました(笑)。

ヤマハから三省堂を回り、お気に入りの喫茶店で、薫り高いコーヒーを楽しみながら、私は買ったばかりの本を、主人は楽譜を、ぱらぱら走り読み。そのあと伊東屋でシステム手帳のリフィルを買って築地でお寿司を食べ、一路自宅へ。
お寿司屋さんでおおいばりでビールを飲み、のんきに鼻歌を歌っている夫を横目で見ながら、ナヴィがあってもやっぱり、助手席のほうが気楽でいいと密かに思った私でした。
日帰りでしたが、二人ともお目当てのものが見つかり楽しい一日でした。
気がつけば師走。何かと気ぜわしい季節ですが、ご自愛ください。
2009年12月04日 19:39
aostaさん
お久しぶりです。コメントを頂いて有難うございます。
また返事が遅れ、申し訳ありませんでした。

ご主人と2人で素敵な「銀ブラ」ができてよかったですね。
私は自宅が銀座が遠いので、プライベートではめったに銀座
に行かなくなりました。若い頃は伊東屋でレターセットを買っ
たり、画廊を回ったりしたものですが…。
築地のお寿司はおいしいでしょうね。「花より団子」、これは
真理だと思うんですよ(笑)。
わが家でも、1人息子が中2となって親から離れていき、私た
ちも夫婦で行動する機会が増えました。例えば、サッカー観戦
を息子ではなく、妻と行く等です。aostaさんみたいに素敵な
熟年カップルになれるといいのですが…。
これから寒くなりますね。お身体にご自愛下さい。

この記事へのトラックバック