祝・オバマ大統領、ノーベル賞受賞

本日帰宅後、米国のバラク・オバマ大統領が今年度のノーベル平和賞を受賞したというニュースを聞きました。
多国間外交など国際政治の新しい潮流を作り出したこと、核廃絶に向けて積極的に取り込む姿勢を示したことが評価されたようです。
同大統領の受賞を心よりお祝い申し上げます。

手前味噌になりますが私は、今年4月、オバマ大統領がプラハで、唯一の核兵器使用国として核兵器廃絶に向けて取組む道義的責任があるという演説をした時、これは後世に語り継がれる歴史的演説になるかもしれないと感じました。このプラハ演説をノーベル賞選考委員会が高く評価したことは、たいへん嬉しい出来事です。

同大統領の示した理念と熱意が、今回のノーベル賞受賞を機に世界各国に受け入れられ、地上より一切の核兵器が根絶されることを希望します。さらに核兵器以外の面でも、各国が平和に向けてより一層の努力をすることを希望します。

我が身を省みて、世界で唯一、核兵器を使用された被爆国である日本は、核兵器廃絶のためこれまでどんな行動を取ってきたのでしょうか。日本は唯一の被爆国である以上、核兵器の恐ろしさ、残酷さ、非人間性といったものを身をもって体験しているはずです。とすれば、日本こそ、世界のどこの国よりも、核兵器廃絶に向けて国際社会に訴えかけていかなければならないはずです。
しかし、少なくとも自民党政権の下での政治家レベルでは、オバマ大統領のような訴えかけをした政治家はいなかったのでしょう。

鳩山由紀夫首相率いる民主党政権が、オバマ大統領ら世界の首脳や民間レベルと協力して核兵器の根絶に向けた積極的な活動をすることに期待します。



本ブログではこれまで時事的なテーマをあまり扱ったこなかったのですが、今日はあまりの嬉しさに、酒が入っていることも手伝って、思わず記事を書いてしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック