ケンプのシューベルト「4つの即興曲」

今日はウィルヘルム・ケンプの演奏するシューベルト「4つの即興曲」D899(作品90)と同D935(作品142)を鑑賞しました。録音は1965年3月です。

今日は11月29日です。暦上の秋はあと明日11月30日を残すだけになりました。
このような晩秋に聴く曲として、シューベルトの全部で8曲の「即興曲」は非常にふさわしいのではないでしょうか。

どの曲も、歌謡的なメロディの美しさ、夢を見るような幻想性、心の優しさ、物悲しさ、孤独感、そういったシューベルトらしい要素も満ち溢れています。オーストリアの美しい野の花を思わせるような作品ばかりです。
シューベルトのピアノ曲というと、ここ2、30年の間のコンサートでは、ソナタが取り上げられることが多くなりました。しかしぼくがクラシックを聴き始めた1970年代後半は、シューベルトのソナタはまだ一般に理解されておらず、シューベルトのピアノ曲というと小曲に佳曲が多いというイメージが強かったように思います。その当時は、合計8曲の即興曲や「楽響の時」がシューベルトのピアノ曲の代表のように思われていたのです。

今日聴いても、即興曲が小品であるがゆえにソナタより価値が低いように考えるのは、大きな誤りだと思います。8曲の即興曲はどの曲も、美しさと高貴さを湛えた珠玉のような名曲であり、まさにシューベルト以外の作曲家には書くことのできない作品群だと思います。
個人的には、D899の第1曲から第3曲までの3曲と、D935の第1曲が好みでいますが、いずれ劣らぬ名作なのでしょう。例えば、D935の第3曲は、計8曲の中では地味な存在だと思いますが、その心優しい旋律は本当にすばらしいものです。

ケンプは、シューベルトのソナタがあまり注目されていなかった時代に、いち早くソナタ全曲録音を果したというほど、シューベルトに愛情を注いだピアニストです。
即興曲の演奏でも、しみじみと慈しむように、1音1音に心のこもった演奏を聴かせてくれます。
今日聴いた思ったですが、録音当時70歳くらいだった老巨匠が、シューベルトの珠玉の小品を慈しむように演奏するのは、絵になるのではないでしょうか。
ケンプ盤の後、デジタル時代に、ルプー盤やピリスのDG盤など、すぐれた演奏は現れました。
しかし今日聴いたケンプ盤は、ぼくにとっては一生座右に持っていて繰り返し聴きたいというほど、大好きな演奏です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年11月29日 20:08
アルトゥールさま こんばんは

まさに晩秋ですね~ 今週は暖かい日がありましたが、今日は寒くなってきていますね。

コメントは久し振りですが、ブログはいつも拝見させていただいています。

本当にこの時期にはシュベルト、良いですね~。
このブログを読んで、「即興曲」のCD、持っていなかったか、探しました、爆~。全曲盤はブレンデル盤しか持っていませんでした。

ブレンデルのシュベルト、あまり好みではなかったのですが(爆~)。曲がやはり良いですね~。いずれの曲もシュベルトならではの味わいがありますね~。
ケンプの演奏も聴いてみたいと思っています。

ミ(`w´彡)
2009年11月30日 07:52
rudolf2006さま おはようございます。
即興曲は、小品集ですが、シュベルトのピアノ曲、
というよりシュベルトの全作品の中でも1、2というくらい
自分は好みでいます。

ブレンデルのシュベルトですが、少なくとも即興曲はあまり
出来がよくないでしょうね。私がお薦めするのは、本文で書
いた通り、ケンプ、ルプー、ピリスです。あと私は聴いたこと
がありませんが、シュナーベルも録音を残していましたね。
ゼルキン師も8曲まとめてではありませんが、ソナタの余白
のような形で録音していたように思います。

この記事へのトラックバック

  • クラシックを知らない人間のふとした疑問

    Excerpt: クラシックって名前は知らなくても、メロディを聞いたら知ってるという曲がいっぱいあります。 でもそういうのってバッハやらベートーヴェン、モーツァルトなど100年以上前の人が作った曲だと思います。 そ.. Weblog: 妄想大さじ5杯 racked: 2009-12-06 14:39