伊坂幸太郎『グラスホッパー』(角川文庫)

伊坂幸太郎『グラスホッパー』(角川文庫)という本を読み終えた。
ぼくが伊坂さんの小説を読むのは、今回が初めてだった。伊坂さんはたいへんな人気作家なのでいつかは読みたいと思っていただけれど、今までのびのびになっていたのだ。

『グラスホッパー』は、「押し屋」と呼ばれる殺し屋を中心にした犯罪小説である。
「押し屋」は、被害者を自動車の走っている道路に押して、車に轢かせることにより殺しの目的を達成する殺し屋である。
鈴木という若い男は、妻が犯罪組織の人物に轢き殺され、その復讐をしようと犯人を追っていた。どころがその轢き逃げ犯が、「押し屋」に押されて殺害される現場を目撃する。そこで今度は「押し屋「を追うことにする。
ちょうどそれと同じ頃、被害者を自殺に追い込むことにより目的を遂げる殺し屋「鯨」と、ナイフを使って被害者を殺害することにより目的を遂げる殺し屋「蝉」も、それぞれ自分独自の事情から「押し屋」を追い始めた。

物語は、これら3人の視点から、押し屋を追うストーリーがパラレルに進行する。3人は途中で交錯する。どんなラストが待っているか、わくわくさせる展開だ。

この『グラスホッパー』だが、描写とか人物の造形という面では浅く、あくまでエンターテインメント小説として読むべきだろう。
それではエンターテインメントとしての出来はどうかということになるが、鈴木・鯨・蝉の3人の内面が語られるのがい
いし、伏線の張り方が上手い。ラストの意外性もあるし、読後感もいい。エンターテインメント小説としては、なかなか良い出来なのではないだろうか。読み終えて、伊坂さんが大人気を得ている理由が少し分かったような気分になった。

ぼくは本書を風邪で寝込んでいる最中に読んだ。そういう状況の下で読むのに最適な小説だったと思う。





グラスホッパー (角川文庫)
角川書店
伊坂 幸太郎

ユーザレビュー:
どこか平和な殺し屋小 ...
雑な印象冒頭、車内の ...
バイキングのレストラ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック