ヤマザキナビスコ杯、FC東京優勝!

今日11月3日、東京・国立競技場で行われた今年度のヤマザキナビスコ・カップ決勝、川崎フロンターレ対FC東京の一戦をテレビ観戦した。

得点経過は次の通りだった。

前半22分 米本(FC東京)
後半15分 平山(FC東京)

2対0でFC東京が勝ち、5年ぶり2回目のヤマザギナビスコ杯を獲得した。

前半20分までは、互角かやフロンターレ優位の試合内容だった。19分にフロンターレが谷口がドリブルで持ち込み、FWジュニーニョがフリーのシュート・チャンスを得るが、それを逃すという惜しいシーンもあった。
ところが前半22分、FC東京は18歳のMF米本のミドル・シュートで先制点を得た。
これで流れが変わったかに見えたが、前半の終わりにかけてフロンターレはジュニーニョのシュートなどで徐々に反撃を開始した。

後半に入ってからは、フロンターレの攻め、FC東京の守りという展開が続いた。
しかし15分、FC東京は、カウンターからFW平山のヘディング・シュートが決まり、1点を追加した。
これが大きかった。FC東京はその直後、ケガでベンチ・スタートとなったDF長友を、FW赤嶺に代えて投入するなど、完全に守りモードに入った。
以降フロンターレは猛攻を見せたが、FC東京はGK権田のファインセーブや、相手シュートがポストに阻まれる幸運などもあり、2対0のまま逃げ切った。

FC東京は、MF石川がケガで欠場、DF長友もベンチ・スタートという主軸2人を欠く苦しい布陣で、戦前は不利の予想が多かったようだ。ぼく自身もそう思っていた。
だが予想は嬉しい方に外れた。
FC東京は近年、毎年のようにJリーグの真ん中あたりの順位で、優勝争いに絡むことができなかった。今年は特に充実したメンバーをそろえたが、今のところ5位で、ファンにとってはあまり喜ぶことができないままでいる。
それだけにこのナビスコ・カップでの優勝は、ファンの期待をかなえる嬉しい優勝だ。
この勢いに乗って、Jリーグもできれば優勝、最低でもアジア・チャンピオンズ・リーグの出場権が得られる3位以内に入ってほしいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年11月05日 00:45
FC東京、ナビスコ杯優勝おめでとうございます。
破壊力のあるフロンターレの攻撃陣を完封とはお見事です。そして米山や平山などの若い選手の活躍は頼もしい限りです。この調子でリーグ戦、残り4試合、いい結果が残せるといいですね。あと、日本代表のためにも石川の早期復帰を願っております。
えぇ、もちろん、ガンバも負けてませんよ(笑)
2009年11月05日 00:51
追記:すみません。さきほどのコメント、米山⇒米本の間違いでした。
彼はまだ18歳なんですね。伊丹高の出身ということは関西出身!!城福監督はいい選手を見つけてきたものです。
ガンバはベテラン中心で若手が伸び悩んでいるだけに羨ましい限りです。
2009年11月05日 21:00
イチロンさん、御祝辞を頂き有難うございます。
Jリーグはガンバやアントラーズは優勝争いの常連だと思いますが、
FC東京は近年Jリーグの真ん中が定位置となってしまい、ファン
は欲求不満がたまっていたと思います。一昨日は嬉しい勝利でした。
最後FWやMFに代えて次々にDFを投入し、フロンターレの猛攻
をかわして逃げ切りました。
城福監督に代わって、選手は伸びていると思います。米本、石川だ
けでなく、平山も徳本もGKの権田も…。
ガンバは、監督が西野監督の間はJリーグ上位をキープできるので
はないでしょうか。
野球の巨人・日本ハムでも同様だと思いますが、サッカーも野球も
監督がいちばん大事だと最近つくづくと思います。

この記事へのトラックバック