囲碁・怒涛の10日間

画像
今日7月20日は息子(高1)の終業式の日でした。終業式ということは成績表が渡される日です。しかし、今の息子は成績はまったく眼中にありません。
来週7月25、26日に全国高校囲碁選手権が開かれます。
息子が所属するA高囲碁部も出場(息子は副将)するのです。

全国高校囲碁選手権を前にして、息子は囲碁漬けの毎日を送っています。
具体的に書くと、

 7月17日(日) 全国高校囲碁選手権の団体及び個人の部の出場生徒を対象にした研修会(若手プロによる指導碁も行われたみたいです)
 7月18日(月・祝) ロッテ杯子ども囲碁教室対抗戦
 7月21日(木)~23日(土) A校囲碁部(高校及び中学)の強化合宿(合宿中、OBの計らいにより、プロの指導碁も計画されているらしい)
 7月24日(日) 世界アマ囲碁選手権東京大会(これは息子が個人の資格で参加するものです)
 7月25日(月)、26日(火) 全国高校囲碁選手権

というスケジュールです。

A高囲碁部は、2000年代前半は停滞していたとのことですが、2008年に7年ぶりに全国高校囲碁選手権に出場し、3位入賞を果たしました、息子がA中に入学し、A校囲碁部に入部した年です。
翌2009年は少年少女囲碁大会中学生の部で全国準優勝、2010年は同じく少年少女囲碁大会中学生の部で全国3位と中学生が好成績を挙げました。
そして、2009年の準優勝メンバーが全員高校に進学した今年は、全国高校囲碁選手権での優勝を目指しているのです。

また息子の後輩に当たる中学生たちも、少年少女全国囲碁大会への出場を決めています。7月末から行われる大会での3年連続の入賞を目標に練習しています。

OBたちの期待も大きいらしく、OB会では、高校生たちに「全力を出し尽くして、必ず優勝を勝ち取れ」と励まされていると聞きます。またこの冬辺りからOBたちの企画で、部員がプロ棋士の指導碁を受ける機会が月に1回くらい設けられているようです

今日、日本棋院のHPを見ると、全国高校囲碁選手権の出場校・選手の一覧表と対戦組合せがアップされていました。
いよいよ本番モードに突入です。

父である私も、25日の午後と26日は観戦に行こうと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

rudolf2006
2011年07月22日 09:25
アルトゥールさま お早うございます~

ご子息、囲碁の試合が目白押しのようですね
親御さんとしては勉強のことも気になられるかもしれませんが、私には高校時代に打ち込めるものがあること、非常に羨ましく思います

応援に行かれるとのこと、優勝をお祈りしておりますね~
▼・。・▼
2011年07月22日 16:41
rudolf2006さま
コメントと応援メッセージ有難うございます。
実は私も、息子が囲碁に打ち込んでいるのを内心うらやましく思っている
のですよ。
私なんか、だらだらと本を読んだり音楽を聞いたり、それに受験勉強
で高校3年間が終わってしまいましたからね。

rudolf2006さまは沖縄旅行からお帰りになったようですね。
私はまだ沖縄に一度も行ったことがないのですが、rudolf2006さま
の記事を読んで沖縄に行きたくなってきました。
今年の夏は諸事情から本州から離れることができないのですが、
いつか沖縄に行って沖縄の風物を実感してみたいと思っています。

この記事へのトラックバック