ロシアW杯、日本対コロンビア

6月19日、ロシア・サランスクで行われたワールド・カップ・グループH、日本対コロンビア戦をテレビ観戦した。両国とも初戦である。コロンビアは前回大会ベスト8の南米の雄であり、日本にとって厳しい戦いが予想された。
ただしコロンビアのゲームメイカーであるMFハメス・ロドリゲスは、練習中に負傷したらしく、先発起用されなかった。

日本は4-2-3-1の布陣を敷いた。ゲーム開始直後から激しいプレスをかけ、良いゲームの入り方をした。
3分、FW大迫が相手DFに競り勝ってシュート。これは相手GKオスピナに弾かれたが、詰めていたMF香川がこぼれ球をダイレクト・シュートすると、MFカルロス・サンチェスがハンドの反則を犯して防いだ。このプレーでカルロス・サンチェスはレッド・カードを受け、日本はPKを獲得。これを香川が落ち着いて決め、日本が1-0と先制した。以降コロンビアは、10人での試合を強いられることになった。

リードされたコロンビアは前がかりに攻めるが、日本はSB長友が相手ウィング・クアドルドを抑えるなど得点を許さない。
しかし、38分にフリーキックを許し、これを相手MFキンテロに直接決められ1-1の同点に追いつかれてしまう。キンテロのシュートは、日本の壁がジャンプしたその下を狙ったもので技ありのシュートだった。
前半は1-1のまま終了した。

後半に入ると、当初は一進一退だったが、徐々に日本のペースになった。8分大迫、11分MF乾、さらに13分MF柴崎のFKからCB吉田のヘディングと惜しいシュートが続いた。これらは日本の得点を予感させるものだった。
コロンビアは14分、キンテロに代えてハメス・ロドリゲスを投入し勝負に出た。一方日本も、23分香川に代えて本田を投入した。
28分、本田のCKから大迫がヘディングで叩き込み、ついに日本が勝ち越し。そのまま2-1で逃げ切った。
後半は日本がポゼッションで上回り、攻勢に出る場面が多く、日本が優位だった。

日本は初戦で格上と見られたコロンビアに勝ったのは大きい。2戦目セネガル、3戦目ポーランドは難敵だが、そのどちらかに勝てればグループリーグを突破し決勝トーナメントに進出することができるだろうと思う。
できれば次戦のセネガル戦で決めたいところだ。セネガルに敗れたり引き分けたりすると、3戦目の相手ポーランドは世界ランク一桁の強豪だけに黄信号が灯ることになる。次戦が勝負だ。

今日、試合を通じてポゼッションで勝り、中盤で相手ボールを奪って、パスで繋いで攻める場面が多く、5月末から6月にかけてのガーナ、スイス、パラグアイとの親善試合で不振だったのが嘘のような有機的なサッカーをして見せた。攻撃面だけでなく、吉田・昌子の両CBは安定したディフェンスを見せた。

コロンビアにとっては、開始早々に退場者を出してほとんどの時間帯を10人で戦うことになり、不本意な試合だったのかもしれない。しかし、パスカットからのカウンターやロングボールの前線への蹴り込みが多く、コロンビアらしいパスでつなぐサッカーをあまり見ることはできなかった。途中出場したハメス・ロドリゲスの動きも冴えがなく、同国は全体的に調子が悪そうに見えた。

今大会はここまで、優勝候補筆頭のドイツが敗れ、ブラジル・アルゼンチンが引き分けるなど強豪国の苦戦が目立っている。W杯出場32ヶ国の実力差はあまりないということなのだろう。
日本もコロンビアも、次戦で真価を問われることになる。

追記 現地時間同日、日本対コロンビアに続いて行われたポーランド対セネガルは、セネガルが2-1でポーランドを破った。これで6月24日の日本対セネガル戦の勝者が、決勝トーナメント進出を決めることになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック