ロシアW杯、ドイツ対韓国

6月27日、ロシア・カザンで行われたロシアW杯グループF、ドイツ対韓国戦をテレビ観戦した。
グループFの各国のこれまでの成績は次の通りだった。

メキシコ 2勝0敗
ドイツ 1勝1敗
スウェーデン 1勝1敗
韓国 0勝2敗

首位のメキシコがグループリーグ敗退の可能性もある反面、最下位の韓国にも決勝トーナメント進出の可能性が残されているというタイトな状況である。前回王者で連覇を狙うドイツにとっては、非常に厳しい状況と言える。
ドイツ・韓国とも、同時刻に行われているメキシコ・スウェーデン戦の経過を睨みながらの試合になることが予想された。

前半はドイツが7割方ボールを支配した。しかしカウンター狙いの韓国にとってもそれは想定の範囲内だったと思われる。両チームともチャンスはあったが得点には至らず、0-0で前半を折り返した。
ハーフタイムの時点でメキシコ・スウェーデン戦も0-0だった。このまま行けば、ドイツ・スウェーデン両国はともに1勝1敗1分となリ、得失点も1点ずつで同じだが、当該国の対戦でドイツがスウェーデンに勝っているため、規約によりドイツが決勝トーナメント進出を果たすという状況である。

後半8分、スウェーデンが先制点を挙げたという情報が伝えられた。もしこのままスウェーデンが勝ちドイツが引き分けると、スウェーデンが決勝トーナメントに進出し、ドイツはグループリーグ敗退となってしまう。にわかにドイツの動きが活発になり、積極的に攻勢に出た。
しかし何回も韓国ゴール前に迫りシュートを放つものの、韓国DF陣の好守やGKチョ・ヒョヌのビッグ・セーブに阻まれてしまう。ドイツはMFケディラに代えてFWマリオ・ゴメスを投入し、ボールを8割方支配して全力で攻めるが、韓国のファイトと粘り強い守備に遭い、得点を上げることができない。惜しいシュートも何本かあり、ツキにも見放されいる感があった。
その後メキシコ・スウェーデン戦は3-0というスウェーデン大量リードが報じられた。
ドイツ・韓国戦は0-0のままアディショナル・タイムに入った。ドイツのゴール前での混戦から韓国DFキム・ヨングォンが押し込んだ。ここでオフサイド・フラッグが上がったが、VAR(ヴィデオ・アシスタント・レフェリー)の結果韓国の得点が認められた。
いよいよ後がなくなったドイツはGKノイアーが敵陣に入って攻撃に参加して攻めるが、韓国MFチュ・セジョンがノイアーからボールを奪い大きく前線に蹴り込んだ。そして走り込んだFWソン・フンミンが無人のゴールに蹴り込んだ。
こうして韓国が2-0でドイツを破った。
優勝候補ドイツまさかのグループリーグ敗退である。

この試合に関して言えば、ドイツの攻撃があまりにも単調で雑だったと感じる。ひたすら中央突破にこだわり、韓国が人数をかけて守っている場所を攻めている感があった。サイドを利用するとか、ロングボールを上げて前線を狙うなどの多彩さがまるでなかった。セットプレーでの工夫もなかった。ヴェルナー、ロイスらFWの決定力不足も感じた。また韓国をどこまで研究しているのか、という疑問も感じた。

また、これがサッカーの怖さである。
これで、2010年大会のイタリア、2014年のスペインに続き、3大会連続で前回大会の優勝国がグループリーグで敗退したことになる。
イタリアにせよスペインにせよドイツにせよ、4年間で急に戦力が落ちたとは思えない。W杯出場32ヶ国にはそれほど実力の差がない。優勝もグループリーグ敗退も紙一重の差なのだろう。コンディションの調整、選手の好不調、相手国をどの程度分析しているか、といった要因で差が付いてしまう。

逆に韓国は見事、金星を挙げた。スウェーデンが大量リードしたため決勝トーナメント進出が絶望になった中、集中力を切らさず最後まで守り切った。前回大会覇者で優勝候補筆頭だったドイツを破りグループリーグ敗退に追い込んだことは、同国のサッカー史の上で語り継がれる勝利だと思う。
試合直後、韓国の選手たちはハグをして喜びを分かち合うことはできずグラウンドにうずくまったり倒れ伏したりしていた。この試合で全精力を出し尽くしたのだろうと思う。グループリーグで敗退したとはいえ、胸を張って母国に帰れるだろう。

こういう誰も予想できないドラマが起きるから、サッカー観戦は止められないというのが今の管理人の思いだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック