コンヴィチュニー/LGOのベートーヴェン「交響曲第3番『英雄』」

東京は桜が開花し温暖な日が続いています。 今日はベートーヴェンの交響曲第3番変ホ長調作品51「英雄」を聴きました。演奏はフランツ・コンヴィチュニー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団です。1959~61年の旧ドイツ・シャルプラッテンへの録音です。 管理人はここ5年くらい、ベートーヴェンの交響曲をあまり聴かなくなりました。ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンブルラン/読響の演奏会(3月14日)

先週の3月14日(木)、東京・赤坂のサントリーホールで行われたシルヴァン・カンブルラン指揮読売日本交響楽団(以下、「読響」と省略します)の第586回定期演奏会を聴きに行きました。 曲目は、シェーンベルク「グレの歌」でした。 配役は次の通りでした。 ヴァルデマル: ロバート・ディーン・スミス トーヴ: レイチェル・ニコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズスケ四重奏団のモーツァルト「弦楽四重奏曲第14番『春』」

東京は今週に入って気温が上がり、春の到来を感じさせる日が続いています。しかし桜の開花は、東京では、昨年より遅い3月21日と予想されています。今年は2月が寒かったことが影響しているのではないでしょうか。 さて「春」というニックネームの付いたクラシックの楽曲というと、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番、シューマンの交響曲第1番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more