コルトーのドビュッシー「子供の領分」

今日の東京は夜の間降っていた雨は朝方に上がり、初夏の陽気でした。 今日はドビュッシーの「子供の領分」を聴きました。アルフレッド・コルトーの1947年録音です。 「子供の領分」は、「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」「象の子守歌」「人形へのセレナード」「雪は踊っている」「小さな羊飼い」「ゴリウォークのケークウォーク」の6曲から成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリリSQのモーツァルト「弦楽五重奏曲第3番」

今日日曜の東京は昨日に続き好天気です。ただし明日から雨降りになるようです。 今日は昨日に続きモーツァルトの室内楽曲です。弦楽五重奏曲第3番ハ長調K515です。演奏はバリリ弦楽四重奏団とヴィルヘルム・ヒューブナー(第2va)のWestminsterへの録音です。1953年録音です。 モーツァルトは交響曲、管弦楽曲、協奏曲、室内楽曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルバン・ベルクSQのモーツァルト「弦楽四重奏曲第21番」

東京は今日も初夏のような陽気の1日でした。管理人は午後、一人で「ジュンク堂池袋店」に行き、本を探して回りました。管理人は本が好きで、書店で過ごす時間は至福のひと時です。 今日の1曲はモーツァルトの弦楽四重奏曲第21番二長調K575です。演奏はアルバン・ベルク弦楽四重奏団です。同SQの1976年のTeldec(現在はワーナークラシッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァント/ケルン放送響のブルックナー「交響曲第6番」

今日の東京は晴天で汗ばむような陽気でした。しかし管理人は季節外れの風邪を引いて体調を崩しています。 今日の1曲はブルックナーの交響曲第6番です。演奏はギュンター・ヴァント指揮ケルン放送交響楽団です。1976年のスタジオ録音です。 ブルックナーの交響曲第6番は、ブルックナーの交響曲の中では地味な存在のようです。後年のヴァントが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェリング/ヘブラーのベートーヴェン「ヴァイオリン・ソナタ第7、8番

今日も爽やかで良い陽気の1日でした。美しく華やかなヴァイオリンは、今日のような春の1日に聴くのにちょうど良いのではないでしょうか。 そこで昨日のシューマンに続き、今日もヴァイオリン音楽です。今日はベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調作品30の2と、同第8番ト長調作品30の3です。演奏は、ヘンリク・シェリング(vn)とイング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレーメル/アルゲリッチのシューマン「ヴァイオリン・ソナタ第1、2番」

今日の東京は昨日に続いて爽やかな1日でした。湿度は低く、今日のような気候が1年間続いてほしいと思うような好天気でした。 今日はギドン・クレーメル(vn)とマルタ・アルゲリッチ(p)の演奏するシューマンのヴァイオリン・ソナタ第1番イ短調作品105と第2番ニ短調作品121を聴きました。1985年11月のDGへの録音です。 シュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラサール四重奏団のメンデルスゾーン「弦楽四重奏曲第1、2番」

今日の東京は夏が近いことを思わせるような好天気でした。5月は今日のようにまだそれほど暑くない爽快な日が多く、管理人は1年のうちで5月が最も好きな季節でいます。 今日はラサール弦楽四重奏団の演奏するメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第1番変ホ長調作品12と第2番イ短調作品13を聴きました。1969年3、12月のDGへの録音です。 ブロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more