アバド/VPOのマーラー「交響曲第9番」

今日の東京は、昨日に続いて晴天の暑い1日です。今日正式に関東地方の梅雨明けが宣言されたようです。 さて今日の1曲は、マーラーの交響曲第9番ニ長調です。演奏はクラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団です。1987年5月のライヴ録音です。 マーラーの濃厚で色彩感豊かな交響曲は、夏に聴くのにふさわしいのではないでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボザール・トリオのハイドン「ピアノ三重奏曲第13番」

今日日曜の東京は梅雨が明けたかのような晴天で、気温は上昇し、暑い1日です。 今日はボザール・トリオの演奏するハイドンのピアノ・トリオ第13番ハ短調Hob.XV:13を聴きました。1974年5月の旧Philipsへの録音です。録音当時のボザール・トリオのメンバーは次の通りです。 メナヘム・プレスラー(p) イシドア・コー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー、NZ対南ア(7月27日)

今日7月27日、ニュージーランド(NZ)のウェリントンで行なわれたNZ対南アフリカの試合をTV観戦した。本試合は、南半球4ヶ国(NZ、オーストラリア、南ア、アルゼンチン)の間で行われるラグビー・チャンピオンシップ(TRC)の一戦である。 今年9、10月、日本でラグビーのワールドカップが開催される。大会の焦点は、第一に、ジャパンがど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリリSQのモーツァルト「弦楽四重奏曲第4番」

今日は晴天で気温が上がり、長かった梅雨が明けたのでは、と思わせられる一日でした。 今日の1曲は、モーツァルトの弦楽四重奏曲第4番ハ長調K157です。演奏はバリリ弦楽四重奏団の1955年2月の録音です。 モーツァルトの弦楽四重奏曲というと、第14番から19番までの6曲のいわゆる「ハイドン・セット」が有名です。しかし、それ以前の第1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アメリング/デムスのハイドン「12のクラヴィーア伴奏歌曲」

今日の東京は小雨の降る梅雨らしい1日でした。東京では少なくとも1週間、青空の見えない毎日が続いています。今年の梅雨は本格的な梅雨だと言えそうです。 今日は、ハイドンの「12のクラヴィーア伴奏歌曲」第1部及び第2部を聴きました。第1部・第2部ともに12曲から成っているので、計24曲を聴いたことになります。ホーボーケン番号では、XXVIa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロムシュテットのシューベルト「交響曲第9番『ザ・グレイト』」

今日の東京は雨が降ったり止んだりの典型的な梅雨の1日です。 今日は、シューベルトの交響曲第9番ハ長調D944「ザ・グレイト」を聴きました。演奏はヘルベルト・ブロムシュテット指揮シュターツカペレ・ドレスデンです。1980年5月17〜19日のドイツ・シャルプラッテンへの録音です。 本曲はシューベルト最後の交響曲です。管理人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more