ラグビーW杯2019の予想・Ⅰ

今月9月20日、第9回ラグビー・ワールドカップが開幕する。場所はここ日本だ。今回から数回に分けて、ラグビーW杯の予想をしてみたい。

今大会の注目される大きな点は、次の2点だろうと思う。
1.開催国日本が、グループリーグを勝ち抜き、大会史上初の決勝トーナメント進出を果たすことができるか。
2.優勝国はどこか。特にニュージーランドが2011年、2015年に続き大会3連覇を果たすことができるか。

管理人の予想は1がイエス、2がノーである。

その前に参加20ヶ国のグループリーグの組合せを確認しよう。

グループA: 日本、アイルランド、スコットランド、ロシア、サモア
グループB: ニュージーランド、南アフリカ、イタリア、ナミビア、カナダ
グループC: イングランド、フランス、アルゼンチン、アメリカ、トンガ
グループD: オーストラリア、ウェールズ、ジョージア、フィジー、ウルグアイ

各グループで総当たりリーグ戦が行われ、上位2チームが決勝トーナメント進出を果たすことができる。

ところでラグビーには、サッカーと比べて予想が当たりやすいという特徴がある。ラグビーは身体と身体がぶつかり合いスポーツなので、彼我の体力の差がそのまま勝敗に直結してしまうからだ。
サッカーでは、昨年のW杯で、クロアチアが準優勝を果たしたり、ドイツがグループリーグで敗退する、という戦前全く予想されなかったサプライズが起きた。だがこのようなビッグ・サプライズはラグビーでは起きない。今大会で優勝するのは、候補と目されているNZ、南アフリカ、オーストラリア、イングランド、ウェールズ、アイルランドの6ヶ国のいずれかになるだろう。それ以外の国が優勝するのはあり得ないと断言できる。

さて、上記の各グループがどのような展開を見せるか、予想してみたい。

結論から言うと、

グループA: ①アイルランド、②日本
グループB: ①南アフリカ、②NZ
グループC: ①イングランド、②フランス
グループD: ①ウェールズ、②オーストラリア

というのが管理人の予想である。
次回の記事で各グループの分析をしてみようと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント