桐野夏生『夜の谷を行く』(文藝春秋)

昨日、桐野夏生『夜の谷を行く』(文藝春秋)という小説を読了した。 本書を読んだきっかけは、先週読了し、本ブログにエントリーした桐野夏生『抱く女』(新潮文庫)の中で、連合赤軍事件について触れられていた。管理人には、桐野さんは連合赤軍事件を題材にした小説を書いていたという覚えがあったので、amazonで調べたところ本書『夜の谷を行く 』が…
コメント:0

続きを読むread more