ラグビーW杯、日本対南アフリカ(10月20日)

昨日10月20日(日)19:15より東京都・調布市の東京スタジアムで行われたラグビーW杯決勝トーナメント1回戦、日本対南アフリカ(以下、「南ア」とします)の試合をテレビ観戦した。
日本はグループAを1位、南アはグループBを2位で通過しての決勝トーナメント進出である。
日本ラグビーにとっては、史上初めてW杯の決勝トーナメントを戦うメモリアルな一戦である。

ジャパンは、グループAの最終戦スコットランド戦から、脳震盪の疑いのあったFBトゥポウを山中に交代させただけで、ほぼベストメンバーと思われた。この点に言及しているメディアは少ないように思うが、ラグビーは怪我の多いスポーツであり、W杯のような長丁場では途中で主力の1人2人が怪我することが多い。ジャパンが決勝トーナメントをベストメンバーで戦うことができたのは、幸運もあるがメディカル・スタッフの尽力が大きいのだろうと思う。

試合は前半3分、南アフリカは敵陣内でマイボール・スクラムを押し、左WTBマピンピがショート・サイドを駆け抜け、いきなりのトライを挙げた。SOポラードのゴールは失敗したが、南アが5ー0と先制した。
しかし南アは9分、「ビースト」のニックネームを持つPRムタワリラがPR稲垣を持ち上げる危険なタックルを犯してしまい、イエローカードを受け、10分間の出場停止となった。
10分頃からジャパンがボールを支配し、敵陣で攻め続けるという試合展開となった。南アは懸命の守りでジャパンの攻撃を防ぐ。このあたりの攻防は非常に見応えがあった。
18分南アが自陣でのスクラムで反則を犯し、ジャパンがSO田村のPGで3点を返した。
30分頃から南アのボールを支配できるようになったが、ミスが出て得点を奪うことができなかった。またレフェリーのジャッジが日本に有利に吹かれていたように思う。なお、この時間帯での南アのミスは、ジャパンの好守、プレッシャーが誘ったものである。

後半に入り、南アの世界一と思われる強力FWが力づくでの攻撃を開始した。
まず3分、今大会で大活躍のジャパンWTB松島に危険なタックルがあり、南アがポラードのPGで8ー3とした。
8分ジャパンは稲垣を中島に、田村を松田に交代させた。
しかしその直後、ジャパンは自陣スクラムで反則を犯し、南アがポラードのPGで11ー3と点差を広げた。
ジャパンはさらに11分、この大会で活躍が目立った姫野に代えて攻撃力のあるマフィを投入し、反撃を目指す。
しかし両国のパワー、フィジカルの差が歴然と出始めた。ジャパンはラインアウトで劣勢となり、南アの強力なモールを止められなくなった。さらにスクラムでも徐々に押され始めた。
17分、南アはポラードがPGを狙ったが、これは外れた。しかしポラードは23分のPGを決めた。これで14ー3である。
勢いに乗る南アは、モールを強力に押し、26分HOマークスが抜け出し、パスを受けたSHデクラークがポスト下にトライ(ポラード、G)。
21ー3と引き離した。
さらに南アは30分、自陣から一気に切り返し、マピンピのトライ(ポラードのGは失敗)で、26ー3とした。
そして、そのままノーサイドとなった。

この試合、ジャパンの出来が悪かったわけでは、決してない。南アが強すぎたということだ。ジャパンと南アとの間には力量に埋めがたい差があった、ということだ。
だがジャパンは、グループリーグでアイルランド、スコットランドと北半球の強豪を堂々と下し、グループAを首位通過して、決勝トーナメント進出を果たした。開催国にふさわしい活躍だった。日本ラグビーの歴史を塗り替える活躍だった。胸を張っていい結果だ。

南アは世界一と言われるFWのパワー、フィジカルの強さを存分に見せつけた。前半はジャパンに攻めさせて、後半に勝負をかけるゲーム・プランだったのだろうと思う。その通りの試合になったということだ。エツベス、デヤハーの両LOやインサイドCTBディアレンディを始め、個々の選手のフィジカルの強さは、迫力十分で、圧倒的なものがあった。また前半では守りの堅さを見せつけた。ジャパンは南アを本気にさせるくらい健闘したとも言える。ポラードのキックがやや正確性を欠いたのが、同国の一抹の不安材料と言える。
南アは準決勝でウェールズと対戦する。ここで勝利を収めれば、決勝の相手はNZ対イングランドの勝者である。大会3連覇を目指すNZにストップをかけるとすれば、NZとは異なった場面での強さを持つ南アではないだろうか。ラグビーW杯はいよいよ大詰めである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント