ケンプのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第27番」

Beethoven: The 32 Piano Sonatas 今年2019年(令和元年)は今日を含めて残り3日となりました。 今日はベートーヴェンのピアノ・ソナタ第27番ホ短調作品90を聴きました。演奏はウィルヘルム・ケンプです。1965年1月のDGへの録音です。ケンプはDGに2回にわたりベートーヴェンのピアノ・ソナタの全曲録音を…
コメント:0

続きを読むread more

樋口陽一『リベラル・デモクラシーの現在』(岩波新書)

リベラル・デモクラシーの現在: 「ネオリベラル」と「イリベラル」のはざまで (岩波新書 新赤版 1817) 樋口陽一『リベラル・デモクラシーの現在』(岩波新書)という本を読み終えた。 本書は2019年12月20日の新刊である。 著者の樋口先生は、東北大学、パリ第二大学、東京大学、上智大学、早稲田大学で教授を歴任された憲法学の泰斗で…
コメント:0

続きを読むread more

エマーソンSQのバルトーク「弦楽四重奏曲第1番」

Emerson String Quartet COMPLETE RECORDINGS ON DG - V/C 東京は今日は降雨で、寒い1日が続いています。今年2019年は残り1週間と少しになりました。 今日は、エマーソン弦楽四重奏団の演奏するバルトークの弦楽四重奏曲第1番Sz40を聴きました。1988年3月のDGへの録音です。最近ブ…
コメント:2

続きを読むread more

ミケランジェリ/ガーベンのモーツァルト「ピアノ協奏曲第25番」

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番・第25番 - アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ 今日の東京は曇り空の寒い1日です。 今日は、モーツァルトのピアノ協奏曲第25番ハ長調K503を聴きました。 演奏は、アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリ(p)とコード・ガーベン指揮北ドイツ放送交響楽団です。1989年6月のライ…
コメント:0

続きを読むread more

バックハウスのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第23番『熱情』」

今日の東京は温暖な1日でした。本格的な冬の到来はまだのようです。 今日は、ウィルヘルム・バックハウスの演奏するベートーヴェンのピアノ・ソナタ第23番へ短調作品57「熱情」を聴きました。1958年9月の録音です。 バックハウスの「熱情」ですから、ピアノ音楽のど真ん中です。 「熱情」は、「悲愴」「月光」と並びベートーヴェンの三大ソ…
コメント:0

続きを読むread more

タートライSQのハイドン「弦楽四重奏曲第61番『剃刀』」

今日の東京は晴天で、12月中旬という時期らしくない暖かさでした。この冬は暖冬なのかもしれません。 最近ネットを見ていて、音楽之友社の2019年度の「レコード・アカデミー賞金賞」が、古典四重奏団の「ショスタコーヴィチ『弦楽四重奏曲全集』」が授与されるというニュースを目にしました。意外なニュースです。 意外というのは、第一にジャンル…
コメント:0

続きを読むread more

リヒテルのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第7番」

今日、日曜の東京は冬晴れの1日です。今日は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第7番二長調作品10ー3を聴きました。演奏は、スヴャトスラフ・リヒテルのピアノで、1976年6月のEMIへの録音です。 本曲は、急・緩・急・急の4楽章構成を取ります。 第1楽章は流麗でスケールが大きい楽章です。 第2楽章は、ベートーヴェン初期らしい、しっ…
コメント:0

続きを読むread more

ブダペストSQのモーツァルト「弦楽五重奏曲第4番」

東京は今日は時折雨の降る寒い1日です。真冬のような寒さです。 今日は、モーツァルトの弦楽五重奏曲第4番ト短調K516を聴きました。演奏はブダペスト弦楽四重奏団とワルター・トランプラー(va)です。1966年12月16、7日の旧CBSへの録音です。 モーツァルトの弦楽五重奏曲第4番ト短調K516は、1787年、モーツァルト(175…
コメント:0

続きを読むread more

タカーチSQのシューベルト「弦楽五重奏曲」

今日の東京は曇り空の寒い1日です。冬が本格的に到来してきたことを実感させられる1日です。 今日は、シューベルトの弦楽五重奏曲ハ長調作品956を聴きました。演奏は、タカーチ弦楽四重奏団とラルフ・カーシュバウム(vc)です。2012年5月18〜21日のHyperionレーベルへの録音です。 本曲はシューベルトが生涯で作曲した唯一の弦…
コメント:0

続きを読むread more

ジャレド・ダイアモンド『危機と人類』上・下(日本経済新聞出版社)

危機と人類(上) ジャレド・ダイアモンド(小川敏子・川上純子訳)『危機と人類』上・下(日本経済新聞出版社)という本を読み終えた。 本書は、本年2019年10月25日の新刊である。 管理人はこれまで、ジャレド・ダイアモンド博士の著書は『銃・病原菌・鉄』(草思社)、『文明崩壊』(同)、『昨日までの世界』(日本経済新聞出版社)の…
コメント:0

続きを読むread more