プロ野球2020、開幕!

昨日6月19日、プロ野球のペナント・レースが3ヶ月遅れで開幕した。

管理人は、1970(昭和45)年、小3の時からプロ野球の観戦を始めた。最初から広島カープのファンだった。今年でカープファン歴50年ということになる。
今年、新型コロナウイルスの感染拡大によりプロ野球の開幕が遅れたおかげで、自分にとってプロ野球がどのような存在であるかを実感することができた。

管理人にとってこの50年間、毎年3月末から10月にかけてプロ野球の試合があって当然だった。その期間は広島カープの勝敗が気になり、テレビ観戦した日は多かったし、仕事・勉強・会食等で観戦が不可能だったり、カープの不振に嫌気がさして観戦する気が起きない時でも、試合当日が終わるまでにはカープの勝敗をチェックしていた。
しかし今年、50年目にして初めて、そのような行動を取ることができなくなった。
プロ野球の観戦は(クラシックの鑑賞とともに)管理人の人生の一部そのものであり、カープの応援は(クラシックの鑑賞とともに)生き甲斐そのものであることを実感させられたのだ。

昨日今日とカープ対ベイスターズ戦を観戦した。
自分がやっぱりプロ野球が好きであることを実感した。
3月から10月まではプロ野球の試合がないと物足りない。日本には、そのようなファンが管理人以外にも多いのではないだろうか。

野球はいぜん日本で最大の人気スポーツだ。プロ野球の開幕により、コロナ感染拡大により沈んでいた日本人の心理が少しずつ明るくなっていくのではないだろうか。
経済にとっては、学説によって明らかにされているように、心理要因が非常に重要である。
戦後最悪の下降に見舞われた日本経済が、今後好転していくことを願っている。

そのためには、コロナ感染の再拡大(「第二波」と呼ばれているが、「第二波」には学術的な定義があるのかもしれない)を防止することが絶対には必要である。コロナ感染が再び拡大したような場合は、経済にとって冷や水となるのはもちろん、せっかく開幕したプロ野球も中止に追い込まれるだろう。
我々国民一人一人が、コロナ感染拡大の防止に向けてさらに努力を続けることが必要だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント