クラシックに1千万円?!

今日は雑談です。
管理人が平素、意図的に避けている疑問があります。
いったいこれまで、クラシックCDに何円くらいのお金を費やしてきたのかという疑問です。

管理人は自分がいったい何枚のCDを持っているのか、把握してはいません。
Brilliantのハイドン・ボックス、RCAのルービンシュタイン全集、Deccaのアラウ全集、Deccaのブレンデル全集など膨大な数に上ります。5千枚を超えていることは間違いないと思います。

またこれらのCDを単価どのくらいで入手したのかという問題があります。
確かに上記のBrilliantのハイドン・ボックスのように1枚当たり70円程度のCDもあります。しかし管理人は1980年代後半からCDの収集を始めたのですが、80年代という、CDが1枚当たり3000円前後もした時代に多くのCDを購入したのも事実です。また80年代から90年代にかけて、勤務先の関係から近所に輸入盤CDを取り扱っていない地域に住んでいた時期があり、他のクラシック・ファンに比べて、高価な国内盤を多く持っているということがあります(当時はオンラインショッピングはありませんでした)。また、オペラ・声楽曲の分野で歌詞を知りたいという理由から国内盤を多く持っているという問題もあります。
以上を考えると、CD1枚当たり1500円くらいを費やしているのではないかと思います。

仮に所有しているCDを7千枚として単価が1500円とすると、管理人がこれまでCD収集に費やした金額は、

7000×1500=10,500,000円 ということになります。

1千万円を超えているという恐ろしい(?)話です。

さらに管理人はディスク・ユニオンなど中古店に売却し現在所有していないCDも500枚以上に上るはずで、それらは売却価格よりも購入価格の方が何倍も高かったので、それらも加えると1千万円を超えていることは間違いないと思います。

もちろん世の中には高級車や高級腕時計に大金を使っているという方はいます。家を1軒建てられる以上の金を酒に使ったという方もいます。女性の中には貴金属類に大金を使っているという方もおられるでしょう。
しかし道楽に1千万円以上も使うというのは、恐ろしい話です。
さらに悪いことに管理人は、書籍の購入にも、クラシックCDに大差ないくらい大金を使っているのです。

こうしたことがあっても、自分で稼いだ金だから何に使ってもかまわないのだ、という考え方もあると思います。
しかし、それも身の丈に合った使い方ということが前提条件です。
ところが管理人は来年に還暦を迎えるという年齢にもかかわらず、大した貯金を持っていないのです。老後の生活不安を抱え、年金2000万円問題に直面しているのです。
もちろん何十年もの間、クラシックを聴くことによって大きな心の豊かさ、心の平穏を得られたことは事実です。けれどもクラシックの鑑賞という趣味がなかったら、と思わざるを得ないのもまた事実です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2020年06月28日 08:24
アルトゥールさま 
お早うございます ご無沙汰しております

CDを買う方がいつジャンルはクラシックと言われていますね、私もそうなのですが 新しいCDで音が良くなっているのではないかなと想って… 
レコードは重かったですが、小さいから良いだろうと思っていたら、溜まりに溜まって 
足の踏み場もない状態に…爆
整理をしようと してはいるのですが 
厄介ですね おカネも問題ですが、置いておくにも場所が必要ですし… 
なかなか 厄介ですね 爆
(ミ`w´)彡━━┛~~ ' ぷっくぷく~~~
2020年06月28日 13:39
rudolf2006様
コメントを頂き、有り難うございました。
確かにたくさんのCDを買うとお金はかかりますが、置き場所にも困りますね。私もCDラックを置く場所がなくなってしまいました。ラックには1枚ごとに入手したCDを優先的に置いて、Brilliantのハイドン全集のようなボックス物は床に積み重ねています。
ただし時間をかけて集めた20種類のベートーヴェン弦楽四重奏曲全集などが並んでいるのを見ると、大きな満足感が得られるのも事実です。
2020年07月12日 22:04
アルトゥーロさん、こんばんは。
CDはコンパクト・ディスクとは言うものの、やっぱり場所を取りますよね。プラケースは厚みがあるので、私は薄手のソフトケースに入れ直していますが、それでも壁一面をCDが覆いつくしている状態です。聴かないCDは年に一回ディスクユニオンに持ち込んでいますが、全然減りません。
CD購入に今までに使ったお金は考えたくもないですが、よく利用するHMV & BOOKS ONLINEに現在までのご注文というのが表示されます。それによると、
現在までのご注文数:285
現在までのご注文商品数:1173
現在までのご注文総額:¥1,819,440
になります。意外に少ない?
2020年07月28日 18:58
ハルコウ様、コメントを頂き有り難うございます。
私もCDの置き場所に苦労しています。本もたくさん持っているので、自室の壁は本とCDで埋め尽くされています。ただそれを見ると、時々満足感が得られるのですが…。
HMVでの購入は私はハルコウ様の3分の1くらいです。貴記事を拝見していると、私の方が少ないだろうと思います。