子どもがスランプ!?

4月になり、ぼくの息子は新6年生になった。小学生でいるのもあと1年間だけだ。この5年間、あっという間だったと思う。また息子は中学受験をする予定だから、受験まであと10ヶ月足らずに迫ったことになる。

ところで息子は、受験勉強の面でどうもスランプに陥った様子だ。息子が通っている塾では1ヶ月に1回のペースでテストが行なわれるのだけど、3月上旬に行われたテストの成績がその前の2月と比べて大きく下降した。そして昨日またテストがあったのだけれど、息子が自分で解答を見て採点した結果、また悪かった様子だ。それだけでなく塾の平常の授業内に行われるテストでも、4科目とも成績が下がってきたようだ。おそらくスランプに陥ったのだろう。

考えてみると、そうなる予兆のようなものがあった。息子は、塾でやれと言われた勉強はちゃんとやっている、長い時間勉強している、と主張しているし、実際その通りなのだろうけれど、親の目から見ると日常生活の面でどこか緊張感が欠けている。勉強をやっている際に、昨年の秋に良い成績を取った時のようなひたむきさが欠けてきたように思うのだ。

けれども、親が「必死に勉強しろ」と言ったところで、本人がその気にならなければどうしようもない。考えてみると、(勉強とスポーツを一緒にするのは暴論かもしれないが)プロ野球やサッカーの選手でも1年を通じて好調を維持することのできる選手はほとんどいない。イチロークラスの選手でも、どこかで不調の時期がある。中学受験の場合、肝心の受験シーズンにスランプに陥ったら致命的だ。今の時期にスランプに陥ったことはむしろ幸いで、これを機に息子が発奮して勉強をしてくれることを期待するほかないのだろう。そして最後まで息子が発奮できなければ、それが息子の実力だということなのだろう。

頭でそのように考えることができても、気持ちの面ではつい一喜一憂してしまうのが親というまのだ。長い10ヶ月が始まった…。

"子どもがスランプ!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント