ルース・レンデル『殺意を呼ぶ館』(扶桑社)

ルース・レンデル(小尾芙佐訳)『殺意を呼ぶ館』上・下(扶桑社=扶桑社ミステリー)という本を読み終えた。
昨年から今年にかけて桐野夏生さんの小説を読んだ影響で、異常心理をテーマにした小説を読みたくなったのだけど、ぼくはここ10年以上読書というとビジネス書や政治経済の本が中心で、小説自体をあまり読んでいなかったので、異常心理をテーマにした小説といってもどのような本があるのかわからなかった。そこで20年くらい前に何冊か読んだルース・レンデルの本を読んでみた。

この『殺意を呼ぶ館』という小説は、イギリスの人里離れた館の別館(ゲートハウス)で暮すイヴ(38才)とライザ(16才)の母娘が登場して始まる。イヴは明日警察官が来るので、明朝ロンドンに行くようライザに話す。しかしライザはロンドンに行かず、恋人ショーンの下に身を寄せる。そしてライザはショーンに、夜ごとに、生い立ちから今に至るまでの自分の成長物語を語ってみせた。それは電話もテレビもない、社会と隔絶されたゲートハウスで、イヴがライザを学校にも行かせずに自分で教育を施して育てていった物語だった。そしてイヴはその間、数回にわたり殺人を犯していた…というストーリーである。

本作はミステリーというよりも普通小説といった方がいいと思う。確かに殺人が起きたりイヴの過去が明らかにされていったりするが、ライザが、母親の恋愛を目撃したり、こっそりテレビを見たり、鉄道の廃線反対のデモに巻き込まれるなどして、イヴの徹底した庇護にもかかわらず1人の女性として成長していく物語という側面が強い。イギリスの田園風景の描写、特に草花や鳥の描写は中々優れていると思う。そしてラストには感動が待っている。

このルース・レンデル、また別の小説も読んでみたいのだけど、残念なことに、かつて角川文庫から大量に出版されていたレンデル作品は『ロウフィールド館の惨劇』を除きすべて品切れのようだ。レンデルは、この小説の解説(香山二三郎)で書かれているようにイギリスでは女男爵に推挙され上院議員になるほど人気作家だけれど、日本では人気が出ないようだ。
今は品切れ書もアマゾン・マーケットプレイスなどインターネットを利用すれば、容易に入手できるようになったので、ぼくも今後あまり不便は感じないと思う。
しかし日本では、レンデルのストーリーの構成と心理描写の力量の評価は低すぎるのではないだろうか。

"ルース・レンデル『殺意を呼ぶ館』(扶桑社)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント