子供の初陣

息子(小6)が今週の14日(月)に受験した私立中学の合格発表が今日ありました。結果は合格でした。とりあえず親子ともほっとしました。

しかし喜んでいる暇はありません。首都圏では、有名中学の入試は2月1~3日に集中して行われます。息子の第1志望校・第2志望校の受験日もその期間です。
1月14日に受けた中学は、申し訳ないながら、「試し校」と呼ぶのでしょうか、2月初めの第1志望校が生まれて初めての受験だと不慣れなために実力が発揮できない恐れがあるので、試しに受験してみるという位置づけだったのです。一応エクスキューズしますと、首都圏では(たぶん関西圏でも)そのような「試し受験」をする受験生は多く、また「試し受験」をされる中学側もそれを容認しているように見受けられます。
といっても「試し校」で不合格になってしまっては、本命校の受験の際に不安になります。そこで我が家では息子の偏差値よりもずっと下、不合格になる恐れのないような学校を受験させました。

というわけで今日の合格発表は息子にとっても親にとっても当然の結果だったわけですが、それでも初陣を飾れたことは嬉しいものです。また妻は昨晩あまり眠れなかったようですが、これで今晩は眠れることでしょう。
あとは2月初めの志望校に向って前進するのみです。そして大事なのが体調管理です。息子の通っている小学校では、幸い、今のところ風邪やインフルエンザは流行していないようですが、塾や通塾中の電車の中で風邪等をもらってくることは十分考えられます。また親が風邪を引いて息子に移してしまってはなりません。そのため、親子とも、手洗い・うがい。これは最後まで欠かせません。

"子供の初陣" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント