またまた2人で…

息子(中1)は26日(土)から2泊3日で、学校の行事で水泳教室に行きました。今日28日(月)無事に帰ってきました。妻とぼくは昨日の日曜、息子がいないのを幸い(?)、2人で都心に出かけたのです。

まず最初に、渋谷のBUNKAMURAで「ロシア・アヴァンギャルド」展を見ました。同展覧会には「シャガールからマレーヴィチまで」という副題が付せられていました。これが予想以上に良かったです。
ぼくはすべての画家の中でセザンヌとカンディンスキーが別格的に好きなのですが、この2人に次くらいに20世紀前半のロシアの画家カジミール・マレーヴィチが好きです。そのマレーヴィチの作品が10作も展示されていたのです。初期の作品から、キュビズムの影響を受けたと思われる作品、そして有名なスプレマティズム(絶対主義)の作品まで、作風の変遷を辿ることもできるようになっていました。その上、彼の自画像までが展示されていました。
マレーヴィチ以外にも、シャガールや、ぼくは初めて見る画家でしたがグルジアのピルスマニ、ロシアのアレクサンドラ・エクステルなどが印象に残りました。
またわずか1作とはいえ、カンディンスキー(初期の印象派の影響を受けた作品でした)の作品を見ることができた嬉しい誤算でした。

次に目黒の東京都庭園美術館に行きました。ここでは「舟越桂展」が開催されていました。

画像


こちらの方はもう一つのように感じました。近年の両性具有のような彫刻が展示されていましたが、何かキモイようで、必ずしも成功していないのではないでしょうか。そしてこれは良いと感じた作品があると、1980年代の作品だったりしました。

その頃に小雨が降ってきました。そこで白金の喫茶店で時間をつぶした後、広尾の「アッカ」というイタリア料理店で2人で食事を取りました。1万円のシェフのおまかせコースだけのメニューでしたが、イタリアにはないような独創的料理ばかりで、たいへん美味しかったです。料理数が多いため、食事を終えるまでに2時間半もかかりました。おかげでゆっくりとした時間を過ごすことができました。この「アッカ」という店は開店して10年以上経つように思いますが、都内で有数のイタリア料理店なのではないでしょうか。

昨日はこうして帰路につきました。


追記 この27日1日でいったい何万円使ったのでしょうか? 今後しばらくの間、音楽にかけるお金を減らさなければならなくなりました。

"またまた2人で…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント