子どもの近況

ここ数ヶ月、息子(中1)についての記事を書いていませんでした。8月下旬に、囲碁部の部活三昧の極楽的な夏休みを送ったということ、そして9月に私たち両親が文化祭に訪れたというところまで書いていました。

さて中2の2学期に入った息子ですが、生活態度は相変わらずです。勉強は二の次、三の次、囲碁中心の毎日です。息子の通っている私立校をA中学校(念のために申し上げますが、港区広尾にあり御三家の1つに数えられるA校ではありません)としますと、A中学ではなくA中学囲碁部に入学したようなものです。
宿題はどうしても後手後手に回り、分量のある宿題を出された場合でも直前または前日になってやっととりかかるい有様です。

10月に中間考査(今はどこの学校も「試験」ではなく「考査」というようです)があったのですが、当然、あまりよい点は取りませんでした。赤点がなかったのが救いでしたが…。
息子はこれで1学期の中間、期末、2学期の中間と3回の考査を受けたことになりますが、1学期の中間が最も成績がよく、次が1学期の期末、そして2学期の中間とだんだん成績が下がってきたのです。さらに悪いことに、成績が下がってきたので反省して勉強をしようという気持ちがまるで見られないのです。
過酷な中学受験を終えて燃え尽きたのかもしれませんし、もともと勉強があまり好きでないのかもしれません。
しかし中学生にもなると、親が子どもの尻を引っぱたいて勉強させるわけにもいきません。そのようなことをしても、子供が言うことを聞いてくれないことは自明です。

幸い中高一貫校なので、中学校の段階で猛勉強する必要はないように思いますし(もっともこの点はぼくが甘いのかもしれません)、本人が勉強をする気持ちを起こすまで黙って見守るほかないのだろうと思います。

ところで、囲碁の方ですが、「好きとはものの上手なれ」とのことわざ通り、どんどん上達してきました。完全にぼくより強くなりました。
A校の中学生の中では1年上の中2の先輩に次ぐ腕前のようで(ただしA校では囲碁はあまりさかんでなく、部員数が少ないせいもあると思います)、6月頃からA中学の副将を務めています。
A中学は9月に「関東中学校囲碁大会」という大会で6位でした。ですからけっこう強いのです。また息子個人も、10月の「東京都中学生大会」でベスト8に勝ち残り(ベスト8の中では最低の8位でしたが)、五段の認定を受けたのです。
息子が今夢見ているのは、来年、中2になった時に全国大会に出場することです。

こうして12月に入りました。来週の水曜から期末考査です。しかし息子は、まだ試験勉強を開始した気配はありません。
2学期の中間からさらに成績が下がるのでしょうか?
親の心配は募るばかりです。

"子どもの近況" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント