6月の平凡な週末

今日の日曜は、1日中雨という梅雨らしい1日でした。
元々この週末は久しぶりにゆっくりと音楽を聴こうと思っていました。ところが昨日午後、散歩中に書店に寄ってみると村上春樹の新作『1Q84』が大量に入荷しているのに気づきました。それでその1巻目、Book 1を出来心で買ってみました。帰宅後読み始めると、すっかりはまってしまったのです。

ぼくは村上春樹さんのファンというわけではありません。1980年代末に出た『ノルウェイの森』までは長編・短編ともだいたい読んでいましたが、ここ20年くらいは仕事が忙しかったせいで、あまり読んでいませんでした。『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』のような大長編は今まで読まずじまいできたのです。
かといって村上さんが嫌いなわけではなく、初期の『風の歌を聞け』や短編集『中国行きのスロウ・ボート』は好きだったのですが、ここ20年間は村上さんの大作を読むような時間的・精神的余裕がなかったのです。

『1Q84』についてはこの5月に発売されるとすぐ売り切れ、出版社(新潮社)が増刷するとまた売り切れで、あっという間に100万部を突破し、社会現象にまでなっているということは知っていました。実際この1ヶ月ほど、少なくともBooK 1の方は書店の店頭で見かけることは困難だったのです。そのため「無い物ねだり」の人間心理から、最近は気になる存在でした。それが昨日、突然店頭で見かけたものですから、つい買ってみたのです。

読み始めると、これがたいへん読みやすいのです。あっという間にページが進みます。20代、30代の頃だったら1日で一気読みしたのではないかと思うくらいの面白さです。現在は読むスピードが落ちたり。集中力が下がったりしているので(昨晩ラグビーを見たり、今日息子と囲碁を打ったりしました)、そこまでは行きませんが…。
けれども今日中にはBook 1は読み終わりそうです。明日Book 2を買い求めることになると思います。

息子(中2)は先週風邪を引いてしまい、学校を1日休みました。中1の時は1年間皆勤だったのですが、今年は皆勤なりませんでした。
相変わらず囲碁三昧で、1学期の中間考査の成績が下がったのに、まるで平気です。
先週の日曜に東京都の中学生囲碁大会の個人戦があったのですが、ベスト16で敗退しました。昨年秋の個人戦はベスト8入りを果したので、昨年より悪い結果だったことになります。しかし昨年秋は組合せに恵まれた感があり、今回ベスト16というのは息子の現在の棋力に見合った成績だと思います。
先週の風邪は、先月5月下旬から中間考査、学年旅行、囲碁部の部活と行事続きで、疲れが出たせいではないでしょうか。
親としてはもう少し勉強してほしいのですが…。

今回は何だか取り止めのないブログ記事を書いてしまいました。次回はもう少しびしっとした記事が書けるようにがんばります。

"6月の平凡な週末" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント