息子の文化祭(9月20日)

一昨日9月19日と、昨日20日は、息子(中3)の通う私立A校の文化祭の日でした。
ぼくたち夫婦はその2日目の昨日の午前に行ってきました。

ぼくたちと同様保護者と思しき中高年、A校に興味がある小学生を連れた家族連れ、それに女子校生のグループでにぎわっていました。

ぼくたちが校舎に入って何気なく階段に目をやると、下のような写真が…。

画像



息子の所属する囲碁部の中学チームが、夏の全国大会で3位に入賞したという広告です。

ぼくたちは、美術部、写真部、書道部、俳句部などの展示を見て回りました。

A校は部活が盛んな校風で、たくさんの部が存在します。他校ではなかなか存在しないような部もあります。今年初めて訪れた「折り紙研究部」もその1つではないでしょうか。
下の写真は折り紙研究部の展示ですが、折り紙というものに全く知識のないぼくにとっては、このような複雑な形をした生き物を折り紙で表現することができることが驚きでした。

画像


昼食を校内で取った後帰宅し、ぼくは昼寝しました。最近、何かと寝不足なのです。

息子は囲碁部の打ち上げがあり、他の部員たちと一緒に夕食を取るとのことで、帰宅が遅れます。
そこで妻と2人で、近所の中華料理店に行きました。外食すると食費がかさみますが、今日は2人なのでそれほどではないだろうという考えからです。
ところがその店で飲んだビールのせいで2人とも気持ちが大きくなり、たまたま降っていたにわか雨を避けるという口実を作って、もう1軒居酒屋に行ってしまいました。
そのせいで夕食費が予定より大幅にかかってしまったのでした…。

息子は夜の11時頃に帰ってきました。
囲碁部はこの文化祭をもって部長・副部長・会計係の執行部が代替わりし、息子は新執行部の副部長の任に就いたとのことでした。
入部したのは2年半前、中1の5月のことでしたが、それが昨日のことのように思えます。光陰矢のごとしという諺を実感します。

"息子の文化祭(9月20日)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント