囲碁と過ごした3年間

画像
3月19日(土)に予定されていた息子(中3)の卒業式は中止されました。
もっとも息子は私立の中高一貫校に通っているので、中学校の卒業式というよりも中学3年の終業式というニュアンスが強いです。中学3年間を過ごした同級生とはまた4月になったらまた会えるわけです。
ですから、ほとんどショックはなかったようです。
親としては、中3時の成績表が未だに頂いていないのが、少々気になるところですが…。

ところで息子の中学生活3年間は、どのような3年間だったのでしょうか?

それは「囲碁」の2文字に尽きます。
息子の通学している学校を仮にA校としますと、A校に3年間通っていたというよりも、A校囲碁部に3年間通っていたようなものです。
中学に入学して囲碁部に入部し、すっかり囲碁の魅力に取り憑かれ、学校のある日は部活で帰りが遅くかったです。そればかりか帰宅後や日曜・祝日も、棋譜を並べたり、詰碁を解いたり、ネット上で対局したりと、膨大な時間を囲碁に費やしていました。

こういう勉強を二の次、三の次にした、のんびりした毎日を送ることができたのは、中高一貫校に通っていたので高校受験がなかったためです。
この4月になると高校に進学するわけですが、高校生になると3年後に大学受験があるので、もう少し勉強してほしいものだと思います。


ところで息子が中学3年間の囲碁部での活動でどのような成績が収めたのかというと、だいたい次のようなところでしょうか。

団体戦で、
 中1時 関東中学生囲碁選手権 6位
 中2時(副将) 小・中学校囲碁団体戦全国大会 準優勝
          関東中学生囲碁選手権 3位
 中3時(主将) 小・中学校囲碁団体戦全国大会 3位
          関東中学生囲碁選手権 3位

個人として
 中1時 第27回東京都中学校囲碁大会(秋季) 8位入賞
 中2時 第29回東京都中学生囲碁大会(秋季) 5位
 中3時 第30回東京都中学生囲碁大会(春季) 5位
      第31回東京都中学生囲碁大会(秋季) 準優勝

3年間囲碁にどっぷり浸かっていただけのことはあって、胸を張っていい成績ではないでしょうか。

息子はこの4月から高校に進学するわけですが、A校では今年は高校日本一を目指して練習すると聞いています。OB会などでは、そうとう期待されているようです。

親としては、少しは勉強量を増やしてほしい半面、高校日本一を取らしてやりたい気持ちも強いです。
本当に贅沢な悩みだと思います。

"囲碁と過ごした3年間" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント