村田沙耶香『コンビニ人間』(文芸春秋)

村田沙耶香『コンビニ人間』という小説を読み終えた。
本作は、今年度2016年度上半期の第155回芥川賞受賞作である。
作者の村田さんは、1979年千葉県生まれとのこと。2003年作家デビューを果たし、これまで野間文芸新人賞等の受賞歴があるようだが、ぼくはこれまで村田さんの小説を読むのはもちろん、名前さえ聞くのは初めてだった。

本書の主人公・古倉恵子は、36歳、独身、一人暮らし。18歳の時コンビニでアルバイトを始め、今日までそれで生計を立てている。これまで男性経験はない。

恵子は幼少の頃から周囲の世界に対して違和感のようなものを感じていた。
18歳、大学1年生の時、コンビニでアルバイトを始める。
「そのとき、私は、初めて、世界の部品になることができたのだった。私は、今、自分が生まれたと思った。世界の正常な部品としての私が、この日、確かに誕生したのだった。」(20頁)

しかし、恵子の価値観は、「あちら側の人間」すなわち妹や友人、それに同じコンビニで働く店員たちからは理解されない。
そんな日常のある日、白羽さんという30代半ばの男性がコンビニに新人として採用されたところから、ストーリーが展開していく。

本書は、コンビニを完結した世界としてとらえ、その中で生きていく、又はその中でしか生きられない女性の日常を通じて、一般の世の中常識・世の中の価値観に対するアンチテーゼを提示したものといえる。良い悪いの問題ではない。コンビニ=人生、人生=コンビニという生き方もあるということだ。

恵子の妹や友人たちの人物描写が画一的すぎる感はある。しかし作者は、「あちら側」の人々を意図的に画一的にして、主人公・恵子の生き方の特殊性(?)を浮き上がらせようとしたのではないだろうか。

本書は、文体も、特に個性はないものの、句読点を多めにして、きちんとしている。
秀作だと思う。



コンビニ人間 (文春e-book)
文藝春秋
村田沙耶香

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンビニ人間 (文春e-book) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"村田沙耶香『コンビニ人間』(文芸春秋)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント