ロシアW杯、フランス対アルゼンチン

ロシアW杯は6月30日から決勝トーナメントに入った。その初戦、フランス対アルゼンチンをテレビ観戦した。
1回戦にするには勿体ない好カードだが、アルゼンチンがグループリーグ1勝1敗1分で2位通過だったため(フランスの方は1位通過だった)、1回戦で実現したものである。

ゲームの入り方は、アルゼンチンの方がやや良かったように思う。しかしフランスは8分、FWジルーからパスを受けたFWエムバペがスピードの乗ったドリブルで前進し、ペナルティーエリア直前で倒されたためFKを得た。これはMFグリーズマンが蹴ったが、惜しくもゴールパーに当たり決まらなかった。
しかし、11分再びエムバペが自陣から驚異的なスピードのドリブルでペナルティーエリア内まで迫り、アルゼンチンDFロホに倒されたためPKを得た。これをグリーズマンが落ち着いて決め、フランスが先制した。

その後はボール支配で勝るアルゼンチンがパスをつないで攻めようとするが、フランスの守備を崩すことはできず、フランスがカウンター攻撃を狙うという展開が続いた。アルゼンチンはセット・プレーからでないと点が取れないような印象さえあった。
しかしアルゼンチンは41分、MFディマリアが見事なミドル・シュートを決め、1-1の同点に追いつき、前半を終了した。

後半3分、アルゼンチンはFKからFWメッシのシュートが味方SBメルカドに当たってコースが変わり、2-1と逆転に成功した。
しかしフランスは12分、DFエルナンデスのクロスからDFパバールが眼が覚めるような見事なダイレクトのボレー・シュートを決め、同点に追いつく。
さらに19分にもエルナンデスのクロスからゴール前のこぼれ球をエムバペが拾って決め、3-2と再びリードを奪った。
アルゼンチンは21分、MFペレスに代えてFWアグエロを投入し、点を取りに行く。
圧巻は23分。ジルーが縦に蹴り込んだボールを、相手DFにスピードで競り勝ったエムバペがゴールに蹴り込み、リードを2点に広げた。
この後アルゼンチンは焦りからかプレーが荒くなり始めた。頼みのFWメッシも、フランスMFカンテの厳しいマークに逢い大した活躍はできない。後半ロスタイムにアグエロのヘディングで1点を返したが、反撃はここまで。4-3でフランスがアルゼンチンを破った。

期待にたがわない好勝負だった。フランスは今大会で大ブレイクしたエムバペのスピードと決定力、グリーズマンの上手いゲームメーク、それにカンテやDF陣の堅守で、この好ゲームを制した。
アルゼンチンは拙戦続きだったグループリーグから比べると、パスでつなぐ同国らしい試合運びを見せ、立ち直りの気配を感じさせたが、グリーズマン、ジルー、そしてフィニッシャーであるエムバペの攻撃力にしてやられた格好だ。

今大会のアルゼンチンは、グループリーグからの4試合の全てで相手に得点を許し、クロアチアに3点、フランスに4得点を許しており、守備の不安定さが今大会で一回戦負けという期待外れに終わった最大の原因だろうと思う。もちろんマスコミで言われている通り、攻撃面でメッシ頼みで、メッシが封じられた場合の打開策がなかった。攻守両面でチーム作りに失敗したということだ。
今大会のアルゼンチンの選手の平均年齢は29.1歳という高さ。これから世代交代が必要になる。4年後のW杯を目標にじっくり時間をかけて有望若手を発掘・育成していってほしいと思う。

他方フランスは、アルゼンチン戦の勝利で、ブラジルと並ぶ今大会の優勝候補に躍り出たとみてよい。エムバペは1998年にフランスがW杯が優勝した年に生まれた、まだ19歳。クリスチャーノ・ロナウド、メッシのレベルの逸材である。チームの平均年齢は25.5歳という若さである。フランスの将来は洋々としている。

"ロシアW杯、フランス対アルゼンチン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント