アラウのシューベルト「ピアノ・ソナタ第13番」

今日の東京は一日中しとしとと雨が降り続いた1日でした。
今日は、クラウディオ・アラウの演奏するシューベルトのピアノ・ソナタ第13番イ長調D664を聴きました。1981年の旧Philipsへの録音です。

シューベルトのソナタ13番は、歌謡的なメロディーの美しさに溢れた曲です。
第1楽章はなんと心優しい、純粋で、ナイーブで、美しいメロディーなのでしょうか。管理人はこの心優しい旋律を聴くたび、心が和むのを感じます。この楽章は何回聴いても飽きることはありません。
第2楽章は緩徐楽章ですが、どこか夢見るような幻想的な美しさが感じられます。
第3楽章は、活発な楽章ですが、コケティッシュで、ここでも心の優しさが感じられるとともにチャーミングさが感じられます。

本曲は、1819年、シューベルト22歳の時の作品のようです。後年の作品のような、彼岸を思わせたり、人生か世界の深淵が姿を見せるような作風はまだ現れていないのかもしれませんが、心優しく、繊細で、純粋無垢な青年シューベルトの魅力溢れた名曲だと思います。

アラウの演奏は、非常に素晴らしいものです。
まず音の抜群の美しさに魅せられます。どこまでも澄み切った、清純な柔らかい音です。本ブログでたびたび書いていることですが、管理人はアラウが美しくない音を弾いているのを聴いたことがありません。演奏スタイルも、ゆっくりとしたテンポで、じっくりと非常に丁寧に弾かれ、細部へのデリカシーが感じられます。アラウの曲への愛情が伝わってきます。
アラウというピアニストは凡演は極めて少なく、ベートーヴェン、ブラームスはもとより、モーツァルトからシューベルト、ショパンらロマン派、さらにドビュッシーに至るまで名演を聴かせてくれますが、シューベルトとの相性はとりわけ良いように思います。
アラウのシューベルトのピアノ・ソナタ第13番は、管理人にとって、それこそ墓場まで持って行きたいような名曲の名演なのです。

追記 本曲については、過去にブレンデル盤の記事を書いたことがあるので、その時の記事を自己トラックバックします。

"アラウのシューベルト「ピアノ・ソナタ第13番」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント